30代の中途採用向け|企業に直接応募するメリットとデメリット

30代の中途採用向け|企業に直接応募するメリットとデメリット

 

 

企業ビル

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

「企業ホームページと転職エージェントははどっちから応募したらいいの?」

 

という疑問があります。

 

ハローワークや転職エージェントに掲載しておきながら企業ホームページにも応募フォームを設置している企業はどんな考えで複数のルートを用意しているのでしょうか?

 

30代の中途採用を目指す場合、転職活動は失敗することが出来ません。
失敗してもすぐに辞めては経歴に傷が付きますし、数年在籍したらすぐに35歳を超えてしまい次の転職が困難となるからです。
少しでも採用の可能性を上げるために、この記事を読んで有利に転職活動をしましょう

 

この記事では

  • 直接応募と転職エージェントはどちらが有利か
  • 直接応募に向いている人と向いていない人

をわかりやすくまとめています。

 

 

 

 

 

 

 

企業ホームページに直接応募するメリット

直接対面

 

メリット

  • 求人サイトやハローワークで募集をしていない企業に応募できる
  • 企業側に広告掲載費用がかからない

 

求人サイトやハローワークで募集をしていない企業に応募できる

メリットというより他に手段がないと言うべきでしょうか。
転職支援サービスに求人を掲載していない企業の場合、ホームページから直接応募するしかありません。
また、ホームページにすら応募フォームが無い場合は募集をしていないため基本的に応募ができません。

 

企業側に広告掲載費用がかからない

最大のメリットです。
転職エージェントから人材を採用した場合、企業側は転職エージェントに報酬を支払います。
企業ホームページから直接応募してきた場合にはお金がかかりませんので応募するなら直接応募のほうが金銭面では有利です。
ただし、企業は人を採用するのにお金を惜しまないことが多いです。
今後何年も働いてもらうのだから転職エージェントに支払うお金をケチるのは長期的には損失となります。
お金を払ってでも良い人材を確保したいと思っているから転職エージェントなどに求人を掲載しているのです。

 

企業に直接応募をすることのデメリット

指さし

 

デメリット

  • すべての手続きを自分でやる必要がある

 

すべての手続きを自分でやる必要がある

直接応募のデメリットは、自分ですべての転職手続きを行う必要があることです。
応募のための連絡から日程の調整などをすべてやるのは手間と時間がかかります。
連絡がきたときに電話に出られなかったら印象が悪くなる可能性がありますし、受け答えに問題があれば採否に影響します。
採用担当者の中には、平日にメールの返信をするだけで「仕事は何してるんだ?」と疑問をいだいて評価を落とすこともあるそうです。
転職エージェントを利用すればそういった余計なことに気を遣わず面接に集中することができます。

 

 

転職エージェントを利用する利点については「転職エージェントのデメリットと成功する使い方|30代で初めて転職」をご覧ください。

 

 

直接応募が向いている人、向いていない人

直接応募が向いている人

 

直接応募は向いている人と向いていない人がハッキリと分かれます。

 

 

企業への直接応募が向いている人

  • 直接応募しかない企業に応募したい
  • 採用される自信がある

 

企業ホームページへの直接応募が向いていない人

  • やりたい仕事が決まっていない
  • 1つの企業にこだわりが無い
  • 採用される自信がない

 

基本的に直接応募は「採用される自信がある」時だけ利用しましょう。

 

「面接が心配」

 

「履歴書の作り方が不安」

 

という人は、親身に指導してもらえる転職エージェントで対策を学ぶことで有利に立ち回れます
面接対策や不十分で書類に不備があれば直接応募しても書類審査で落とされかねません。

 

私は200人以上のアルバイトの採用を担当していました。

正社員とは違いがあるでしょうが、採用者側の意見として参考にしてください。

 

求人広告から来る人に比べて、直接応募は離職率が格段に低いです。
なぜなら、有能で熱意がある人が多いからです。
しかし、中には面接も履歴書も洗練されていない野暮ったい人もいて、そういう人は直接応募でも落とします。
面接や履歴書を洗練させていれば受かったかもしれないのにと思うこともありました。
面接や書類が洗練されていない人は転職エージェントのほうが受かりやすいと言ったのはこれが理由です。
絶対に受かる自信が無いなら直接応募はオススメしません。

 

転職エージェントにはさらに利点があります。
エージェントを通して応募したら不採用の時の理由がわかります。
場合によっては不採用がくつがえることがあります
エージェントなら独自の企業情報を持っているため企業内の情報も知っているかもしれません。
ついでに年収交渉までしてくれます

 

自分の面接や書類に自信があり、対応も完ぺきにこなせる人は直接応募が有利です。
しかし、少しでも不安があるならエージェントを通して面接や書類をチェックしてもらうのが賢明です。

 

 

転職エージェントを利用するなら最も実績があるリクルートエージェントがオススメです。

 

>>リクルートエージェントはこちら

 

 

 

シェアしてくれてありがとう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

仕事の探し方がわからない30代が転職求人を見つける6つの手段

やりたいことが無くて遠くを眺める男性 「転職したいけど何で仕事を探せばいいかわからない」「やりたい仕事はどう探せばいいの?」こんな悩みをあなたへの「答え」がこの記事にあります。仕事を探す場所はハローワークだけではありません。初めて転職する30代向けに全部で6つの方法を書きました。メリット・デメリットを考えてあなたに合った仕事の探し方が見...

≫続きを読む

 

初めての転職ならハローワーク? 職業安定所のメリットとデメリット

ハローワーク 「ハローワークはブラックが多いらしいけどメリットあるの?」「一生働く会社を探すならやっぱり職安?」こんな考えを持つ人のためにこの記事を書きました。私も初めての転職はハローワークで行いましたがその時の体験をまじえてハローワークのメリットとデメリットを語っていきます。読まないと転職に失敗して経歴に傷がつ...

≫続きを読む

 

30代の転職初心者向け|転職サイトのデメリットとメリットを徹底解説

転職サイト 「転職サイトを使いたいけれど初めてなので不安」そんな30代転職者のためにこの記事では転職サイトを使うデメリットとメリットについてまとめました。転職する方法としてはハローワークに通ったり求人誌を手に入れるといった方法が有名ですが、インターネットには転職サイトがあります。転職サイトには多くのメリットとデ...

≫続きを読む

 

転職エージェントのデメリットと成功する使い方|30代で初めて転職

転職成功 「転職エージェントって何かメリットがあるの?」という転職初心者のためにこの記事では転職エージェントのデメリットや成功するための使い方についてまとめています。読むことで転職サイトやハローワークと比べて何が違うのかがわかります。【目次】 ↓クリックすると読みたい項目をすぐ読めます1.転職エージェントのデ...

≫続きを読む

 

【タウンワーク】求人誌や新聞広告で仕事を探すメリットとデメリット

求人誌 「求人誌で仕事を探すメリットは何?」「新聞の折り込みチラシの求人ってどうなの?」こんな人はこの記事を読めば答えがわかります。特に、初めて転職を経験する30代なら仕事探しの方法で人生がわかれます。記事を読むかどうかで人生が変わるほどの違いがありますので見逃さないようにしてください。この記事では求人誌の...

≫続きを読む

 

30代の中途採用向け|企業に直接応募するメリットとデメリット

企業ビル 「企業ホームページと転職エージェントははどっちから応募したらいいの?」という疑問があります。ハローワークや転職エージェントに掲載しておきながら企業ホームページにも応募フォームを設置している企業はどんな考えで複数のルートを用意しているのでしょうか?30代の中途採用を目指す場合、転職活動は失敗することが...

≫続きを読む

 

 
記事一覧 プロフィール 問い合わせ