初めての転職ならハローワーク? 職業安定所のメリットとデメリット

初めての転職ならハローワーク? 職業安定所のメリットとデメリット

 

 

ハローワークはこんなところ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

ハローワークはブラックが多いらしいけどメリットあるの?」

 

「一生働く会社を探すならやっぱり職安?」

 

こんな考えを持つ人のためにこの記事を書きました。
私も初めての転職はハローワークで行いましたがその時の体験をまじえてハローワークのメリットとデメリットを語っていきます。

 

読まないと転職に失敗して経歴に傷がつく可能性が高まりますので読み飛ばさないよう気を付けてください

 

この記事では

  • ハローワークのメリットとデメリット
  • ハローワーク利用者の口コミ

をわかりやすくまとめています。

 

 

 

 

 

誰もが最初に浮かべる転職支援「ハローワーク」とは?

ハローワーク

 

「ハローワーク」は厚生労働省により設置された公共職業安定所の愛称です。
職安とも呼ばれ、国民に安定した雇用の機会を確保することが目的の行政機関です。
平成29年度のデータでは全国で544カ所が設置されており10,536人の職員と15,702人の相談員がいるようです。

 

 

ハローワークのメリット

ハロワのメリットを語る

 

ハローワークには多くのメリットがあります。

 

メリット

  • 失業保険の手続きと同時に転職活動ができる
  • ネット環境が不要
  • 転職サービスの中で求人数が最多
  • 相談が受けられる

 

失業保険の手続きと同時に転職活動ができる

ハローワークの最大のメリットです。
失業保険の手続きをできるのはハローワークだけなので転職活動にこだわりが無くて手続きが面倒という人はハローワークで転職活動をすれば手間が省けます。
ただし失業保険の手続きで待たされた挙句、転職の手続きでさらに時間がかかるため初日は1日がかりの作業になる覚悟が必要です。

 

ネット環境が不要

ハローワークは施設に行けば求人情報が見られます。
ネット環境が無いならハローワークくらいしか選択肢がありません

 

転職サービスの中で求人数が最多

地元の中小企業の求人を探しているならハローワークは適しています。
一方でブラック企業や採用する気のない募集が多いようで、求人数が多くても採用される可能性は高くありません

 

相談が受けられる

相談が受けられる転職支援サービスはハローワークと転職エージェントしかありません。
ただ、ハローワークの相談員はあなたが転職しようとしまいと給料が変わるわけではありません。
突き放すような対応をする相談員も珍しくないそうなので相談しても無駄だったという声もあるようです。

 

親身に相談してほしいなら転職エージェントの詳細「転職エージェントのデメリットと成功する使い方|30代で初めて転職」も調べてみると転職で失敗することが減ります。

 

 

【見逃し厳禁】ハローワークのデメリット

ハロワのデメリットを語る

 

メリットが多いハローワークですがデメリットもたくさんあります。
特にネットに慣れていてハローワーク以外で転職活動ができる30代ならデメリットが多いと感じます。

 

デメリット

  • 訪問しないとすべての求人が見れない
  • 混雑している
  • 平日の17時頃までしか訪問できない
  • ブラック企業ばかりという声が多い
  • 求人票の内容と実態が違うことがよくある
  • 中小や零細企業ばかりで大手が全然ない

 

訪問しないとすべての求人が見れない

ハローワークの求人はネットでも確認できますが、一部は直接訪問しなくては確認できません
これは企業側がネットへの掲載を拒否しているためみたいですが、利用者からすると面倒でしかありません。

 

混雑している

訪問したくても多くのハローワークでは駐車場が埋まっていて混雑しています。訪問したけど満車で数時間待たされたなんてこともあるほどです。

 

平日の17時頃までしか訪問できない

ハローワークはほとんどが平日の17時過ぎまでしか利用できません
退職前にハローワークで求人を探したくても直接訪問すること自体が難しいのです。
しかも訪問したとしても混雑していて利用できない……なんてことになりかねません。

 

ブラック企業ばかりという声が多い

一番気になるデメリットは「ブラック企業が多い」という噂です。
ハローワークを利用した人の口コミの多くはブラック企業だったため辞めたというものでした。

 

求人票の内容と実態が違うことがよくある

私はハローワークを利用して数社受けましたが、求人票に書かれていない条件があったり、そもそも採用する気がなさそうな企業もありました。
給料が実際と違う、転勤なしのハズがすぐ転勤する羽目になったなど、口コミを見ても求人情報との違いで悩む人が多いようです。
あまりにも条件が違う企業ばかりだったのでハローワークで転職先を探すのをやめたくらいです。
なぜこんな事態になるかというと、ハローワークには労働基準法違反の求人が載せられないからです。そのため企業側は多少嘘をついてでも募集をかけてきます。

 

中小や零細企業ばかりで大手が全然ない

ハローワークは企業が無料で掲載できる数少ない転職支援サービスです。
会社の資産である社員の採用ににお金を出せない中小や零細企業ばかりが集まりやすい性質の転職支援サービスなのです。

 

ハローワークは失業保険の手続きの時に求人情報をチラリとみていく程度に留めるのが得策です。
せっかく採用されても条件が違いすぎてすぐ辞めたなんてことになれば経歴に傷がついて次の転職が困難になります。

 

ブラック企業や零細企業に転職したくないなら他の転職支援サービスを利用しましょう。

 

転職サイトのメリット・デメリットは「30代の転職初心者向け|転職サイトのデメリットとメリットを徹底解説」の記事をご覧ください。

 

転職エージェントについては「転職エージェントのデメリットと成功する使い方|30代で初めて転職」で解説しています。

 

 

ハローワーク利用者の良い口コミ

ハロワの良い口コミを語る

 

ハローワークの利用者で「使ってよかった」という人の口コミを集めました。
しかし、30件以上調べましたが良い口コミが1件しか見つかりませんでした。
貴重な良い口コミはこちらです。

 

私も40代で転職しました。

現在の職場はハローワークから応募しました。
従業員20人余りの零細企業ですが、給与・仕事・就業環境には満足しています。
最大手はないかもしれませんが、その地域では基盤のしっかりした優良企業といったところが多いです。
社会保険等もきっちり加入した企業ばかりです。「募集要項と違った」というようなことがありません。
私の意見では、保障のない広告などより、よっぽど安心感があります。

 

運よく優良企業に当たればこのような未来もあるという好例ですね。

 

 

ハローワークはネット環境に慣れていない高年齢層が多く利用していると考えられます。

 

求職トレンド調査2015
によると、公的機関を転職で利用している人は全体の20%しかいません。(インターネット求人サイトは55%でトップ)

 

インターネットをよく利用する求職者は、全体平均に比べ教育水準が高く、若い年齢層に多い。

 

という記載があり、ネットに親しんだ30代以下は転職サイトなどで賢く転職活動をしているようです。

 

転職サイトの利点は「30代の転職初心者向け|転職サイトのデメリットとメリットを徹底解説」をご覧ください。

 

 

ハローワーク利用者の悪い口コミ

ハロワの悪い口コミを語る

 

口コミの8割近くを占めるのがハローワークの悪い評判でした。
調べるほどハローワークはブラック企業ばかりという印象を受けます。

 

ハローワークの求人ですが、面接まで行くと求人票より遥かに劣る給与待遇(最低賃金以下のときもありました)だったり、許可を得て社員のタイムカードを見せてもらうと、退社時間が午前2時だったりする会社がありました。

 

数社受けましたが、求人サイトで募集をかけている会社よりも、ハローワークの求人のほうが、どんよりした感じというか、場末感、景気の悪さのようなものを非常に強く感じます。

 

私は最近、ハローワークからの紹介でプログラマーへと転職をしました。

およそ二週間仕事をしてきましたが大きな疑問が浮かんだので質問させてください。

 

求人票には「勤務地が本社で、転勤なし、本人の都合に合わせます」と記載されていました。
でも実際は、自宅から近い本社でなく隣の県にある開発センターでの勤務になっています。
子供二人に嫁がいるのですが
ハローワークの求人欄には
退職金制度やら厚生年金やら社会保険 すべて完備で
交通費も全額実費支給となってました。
入社して一週間たってなにも言われないので
聞いてみたところ
うちには保険はなにもないよ
株式をうたってるからそう書いてあっただけで
交通費も他の社員にも出してない。
と言われました。
子供が小さいので保険証がなくては困ると言ったところ
国民保険に入ることを推奨されました。
正直もう辞めようと思ってます。

 

多くの口コミが求人情報と違ったために入社してすぐに辞めることになったという悩みでした。
転職は一生を左右する活動です。
自分の人生を預けられる会社を探すなら独自の企業情報を持っている転職エージェントなどを利用したほうがいいでしょう。

 

転職エージェントのメリットは「転職エージェントのデメリットと成功する使い方|30代で初めて転職」を参考にどうぞ。

 

 

真実がわかるハローワークの口コミまとめ

口コミをまとめた男性

 

様々なサイトで口コミを探してみましたが、良い口コミがほとんど見つかりませんでした。
悪い口コミ10件に対して良い口コミが1件以下という印象です。

 

悪い評判の多くは「面接時と入社後の実態が違う」というものでした。
このことから、ハローワークの転職が向いていない人がいることがわかります。

 

 

ハローワークで転職求人を探すのに向いている人
  • 地元重視の人
  • 失業保険や職業訓練の手続きを同時に行いたい人
  • ネット環境が無い人

 

ハローワークでの仕事探しが向いていない人

ブラック企業を避けたい人
平日の昼間に時間が取れない人
マイペースで転職活動をしたい人
キャリアアップや年収アップが目的の人

 

 

向いていない人は、転職サイトや転職エージェントの利用が向いています

 

マイペースで転職活動したい人は「30代の転職初心者向け|転職サイトのデメリットとメリットを徹底解説」をチェック!

 

人生を預ける会社を慎重に選びたい人は「転職エージェントのデメリットと成功する使い方|30代で初めて転職」をご覧下さい。

 

 

 

シェアしてくれてありがとう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

仕事の探し方がわからない30代が転職求人を見つける6つの手段

やりたいことが無くて遠くを眺める男性 「転職したいけど何で仕事を探せばいいかわからない」「やりたい仕事はどう探せばいいの?」こんな悩みをあなたへの「答え」がこの記事にあります。仕事を探す場所はハローワークだけではありません。初めて転職する30代向けに全部で6つの方法を書きました。メリット・デメリットを考えてあなたに合った仕事の探し方が見...

≫続きを読む

 

初めての転職ならハローワーク? 職業安定所のメリットとデメリット

ハローワーク 「ハローワークはブラックが多いらしいけどメリットあるの?」「一生働く会社を探すならやっぱり職安?」こんな考えを持つ人のためにこの記事を書きました。私も初めての転職はハローワークで行いましたがその時の体験をまじえてハローワークのメリットとデメリットを語っていきます。読まないと転職に失敗して経歴に傷がつ...

≫続きを読む

 

30代の転職初心者向け|転職サイトのデメリットとメリットを徹底解説

転職サイト 「転職サイトを使いたいけれど初めてなので不安」そんな30代転職者のためにこの記事では転職サイトを使うデメリットとメリットについてまとめました。転職する方法としてはハローワークに通ったり求人誌を手に入れるといった方法が有名ですが、インターネットには転職サイトがあります。転職サイトには多くのメリットとデ...

≫続きを読む

 

転職エージェントのデメリットと成功する使い方|30代で初めて転職

転職成功 「転職エージェントって何かメリットがあるの?」という転職初心者のためにこの記事では転職エージェントのデメリットや成功するための使い方についてまとめています。読むことで転職サイトやハローワークと比べて何が違うのかがわかります。【目次】 ↓クリックすると読みたい項目をすぐ読めます1.転職エージェントのデ...

≫続きを読む

 

【タウンワーク】求人誌や新聞広告で仕事を探すメリットとデメリット

求人誌 「求人誌で仕事を探すメリットは何?」「新聞の折り込みチラシの求人ってどうなの?」こんな人はこの記事を読めば答えがわかります。特に、初めて転職を経験する30代なら仕事探しの方法で人生がわかれます。記事を読むかどうかで人生が変わるほどの違いがありますので見逃さないようにしてください。この記事では求人誌の...

≫続きを読む

 

30代の中途採用向け|企業に直接応募するメリットとデメリット

企業ビル 「企業ホームページと転職エージェントははどっちから応募したらいいの?」という疑問があります。ハローワークや転職エージェントに掲載しておきながら企業ホームページにも応募フォームを設置している企業はどんな考えで複数のルートを用意しているのでしょうか?30代の中途採用を目指す場合、転職活動は失敗することが...

≫続きを読む

 

 
記事一覧 プロフィール 問い合わせ