仕事の探し方がわからない30代が転職求人を見つける6つの手段

仕事の探し方がわからない30代が転職求人を見つける6つの手段

 

 

仕事探しで悩む男性

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

「転職したいけど何で仕事を探せばいいかわからない

 

「やりたい仕事はどう探せばいいの?」

 

こんな悩みをあなたへの「答え」がこの記事にあります。

 

仕事を探す場所はハローワークだけではありません。
初めて転職する30代向けに全部で6つの方法を書きました。
メリット・デメリットを考えてあなたに合った仕事の探し方が見つかります。

 

この記事では

  • 初めて転職するときの仕事の探しかた
  • やりたい仕事が無いけど転職先決めるには?

をわかりやすくまとめています。

 

 

 

 

 

 

転職求人情報を探す6つの方法

仕事探しの6つの方法

 

初めて転職する人には求人を探す方法が6つあります。

 

  1. ハローワーク
  2. 新聞・広告チラシ
  3. 求人誌
  4. 企業に直接応募
  5. 転職サイト
  6. 転職エージェント

 

 

ハローワーク

メリット

  • 同時に失業保険の手続きができる
  • ネット環境が無くてもOK
  • 求人数が最も多い転職支援サービス
  • 相談が受けられる

 

デメリット

  • 混雑している
  • 外出しないといけない
  • 探すのに時間がかかる
  • ブラック企業が多いと言われている
  • 求人票の内容と実態が違うことが多い

ハローワークの最大のメリットは失業保険の受付ができることです。
求人数が全支援サービス中トップなのも特徴です。
しかし、ハローワークの求人には実際に募集していない求人も含まれています。
私も利用したことがありますが、男性は募集していないとか、採用する気が無いのではと思える企業が実在しました。
ブラック企業の求人が多数あると言われています。
ハローワークの求人は無料で掲載できるので、お金が出せない中小や零細企業が多いです。
また、求人票の内容と実態が違うことが多いため転職してもすぐに辞めることが珍しくないようです。
ハローワークは失業保険の手続きと一緒に求人を探したい人や、ネット環境が無い人に向いています。

 

新聞、広告チラシ

メリット

  • ネット環境が無くてもOK
  • 家で情報が手に入る

 

デメリット

  • 新聞の購読が必要
  • 求人件数が少ない

新聞や折込チラシの利点は、ネットが無くても家でj求人情報が手に入ることです。
転職支援を目的としたサービスではないので求人掲載件数が最も少ないです。
転職支援サービスの他に求人情報を探しているなら併用するという目的で使うのが良いでしょう。
ネット環境が無い人で新聞を購読している人向けです。

 

求人誌

メリット

  • ネット環境が無くてもOK
  • 通勤途中で手に入る可能性がある

 

デメリット

  • 正社員の求人が少ない
  • 入手場所が限られる
  • フリーペーパー以外は有料

ネット環境が無くても手に入る上に、通勤途中にフリーペーパーが置いてあるなら利点が多いです。
しかし、求人誌はアルバイト中心なので転職支援サービスの中では正社員の求人数が少ないです。
求人情報を有料で出している唯一の転職支援サービスというのも大きなデメリットです。
求人誌はネット環境が無い人や、アルバイトを探す人向けです。

 

企業に直接応募

メリット

  • やる気があると感じてもらえるかもしれない

 

デメリット

  • ホームページなどで求人を出している企業限定
  • 支援サービスを利用者より不利の可能性

転職支援サービスに求人を出していなくてホームページなどから直接応募するしか手段がない企業へのアプローチ方法です。
何らかの転職支援サービスで求人を出している企業の場合は直接応募はデメリットが大きいため注意してください。
直接応募の時は転職支援サービスでの面接対策が受けられません。
もし転職エージェントで求人が出ている企業の場合、直接応募を行うと不利になると言われています。
直接応募は、他に応募手段が無い企業や、面接対策などなくても絶対に採用される自信がある人向けです。

 

転職サイト

メリット

  • 独自の求人が多い
  • 家で情報が手に入る
  • 希望した条件の求人が出たら教えてもらえる

デメリット

  • 転職初心者は求人掲載数が多すぎて迷う

 

近年で主流となった転職求人の探し方です。
最大の特徴は家に居ながら応募ができることと、デメリットがほぼ無いことです。
転職サイトにしかない独自の求人を掲載しているため、ハローワークや求人誌より優良求人が豊富にあると言われています。
面接対策や相談は受けられませんが人と会わずに転職活動ができます。
自分のペースで仕事を探したい人向けです。

 

オススメの転職サイトはリクナビNEXTです。
正社員の転職者の8割が利用しているサービスで、毎週2000件以上の求人が追加されています。
独自の求人を6000件以上掲載しているため優良な求人も見つけやすいです。

 

>>リクナビNEXTはこちら

 

転職サイトの詳細を知りたいなら「30代の転職初心者向け|転職サイトのデメリットとメリットを徹底解説」もご覧ください。

 

転職エージェント

メリット

  • 独自の企業分析情報がある
  • 面接対策や履歴書の書き方など指導を受けられる
  • 年収交渉をしてもらえる
  • 不採用の理由がわかる
  • 不採用でも採用に変えてもらえた実例がある
  • 自分の強みに合った仕事を探してくれる

 

デメリット

  • 面談が必要

「転職エージェント」という転職支援のプロがあなたをサポートするサービスです。
無料で利用ができる上にメリットが非常に多いですが、面談が必要なためマイペースで活動したい人には向いていません。
面談が問題ない人なら年収アップや優良企業への転職率が高まるので利用したほうが得なサービスでしょう。
ハローワークを利用するとしても面談がありますが、転職エージェントのように優良企業はほとんど無いためこちらを利用したほうが賢い選択です。
キャリアアップしたい人優良企業に転職したい人面接や履歴書対策が不安な人に向いています。

 

転職エージェントのオススメは支援実績1位のリクルートエージェントです。
1万件を超える求人件数のうち約8割が独自の求人ですので、ここにしか掲載されていない優良企業がたくさんあります。
無名の転職エージェントを利用すると振り回されたあげく転職に失敗してすぐ辞めやすいです。
転職に失敗したくない人はリクルートエージェントを利用するのが確実でしょう。

 

>>リクルートエージェントはこちら

 

転職エージェントの詳細を知りたい方は「転職エージェントのデメリットと成功する使い方|30代で初めて転職」もご覧ください。

 

 

やりたい仕事が無い人が転職先を決めるには

やりたいことが無くて遠くを眺める男性

 

「やりたい仕事が無くて困っている」

 

という人もいるでしょう。
目についた求人に応募してもいいですが、早くやりたいことを見つけたいですよね。

 

やりたい仕事が見つからない人は以下の方法で転職先を探すと良いでしょう。

 

 

 

転職したい理由から「何を最優先にするか」を決める

 

あなたは何を理由に退職したのでしょうか?

 

私は人間関係でした。
飲食店で店長をしていたのですが、アルバイトスタッフ同士の人間関係の調整や文句に応え続けることで疲弊してしまいました。
このことから次の転職先は「人間関係が良いところ」というのを最優先条件としました。

 

あなたが辞めた理由は何ですか?

 

  • 上司や部下との人間関係で辞めたのなら「人間関係が良いところ」
  • 給料が低すぎたのなら「年収が高いところ」
  • 休みが無かったのなら「休日が多いところ」

 

を最優先事項として転職先を探しましょう。

 

「人間関係が良いかは入社しないとわからないのでは?」

 

と思うかもしれませんが、その会社がサービス業ならお店に行ってみればわかります。
他にも会社に勤めている人の口コミが転職サイトなどで見つかることもあります。
転職エージェントを利用すれば独自の企業情報を持っているので離職率や内部事情を聞ける可能性があります。

 

転職エージェントの詳細は「転職エージェントのデメリットと成功する使い方|30代で初めて転職」を参考にどうぞ。

 

転職のための条件は1つに絞ってください。
複数の条件で探して転職活動すると失敗します。
1つだけを決めて他の条件は妥協しても構わないという意識で仕事を探しましょう。

 

 

前職と同じ業種

一番簡単なのは前職と同じ業種です。
業種事態に嫌気がさしているのでなければ確実な方法です。
あなたの強みが活かせますので採用される可能性が高いでしょう。

 

 

ほしいスキルがある仕事を選ぶ

プログラム技能がほしい、宅建がほしいなど、将来のために手に入れたいスキルがあるならそういった職種に入りましょう。
特別な資格を必要とするのでもない限り、未経験でも募集している会社はあるはずです。

 

 

なじみがある会社を選ぶ

欲しいスキルもやりたいことも無くて前職と同じ業種が嫌だというなら、なじみがある会社に応募しましょう。
私も初めて転職したときはやりたいことがなく、よく利用していたお店に応募して採用されました。
企業側としても自社の商品やサービスを利用している人を採用したいと考えています。

 

得意な仕事を選ぶ

得意なことがあるのならそれを活かせる仕事に就くのも良いでしょう。
得意な上に好きであったならその業種で活躍できる可能性があります。
自分の得意なことがわからない場合はグッドポイント診断を利用しましょう。
無料で利用できる自己診断ツールです。登録すると転職サイトのリクナビNEXTも利用できますので転職先を探すのにもちょうど良いです。

 

>>グッドポイント診断で自己分析

 

 

結局どの方法で仕事を探せばいいの?

どの方法が一番?

 

あなたが優先する転職の条件で決めましょう。

 

ハローワーク
  • 失業保険の手続きも同時にやりたい
  • 中小企業や零細企業に転職したい

 

新聞・広告チラシ
  • 新聞を購読している

 

求人誌
  • 自由に使えるネット環境が無い

 

企業に直接応募
  • 転職したい企業が直接応募しかない

 

転職サイト
  • 家で求人情報を調べたい
  • マイペースで仕事を探したい

>>リクナビNEXT

 

転職エージェント
  • 年収を上げたい
  • 人間関係が良い会社を探してる
  • 休みを増やしたい
  • 採用される自信がない
  • ブラック企業を避けたい

>>リクルートエージェント

 

 

あなたの希望に合った方法で転職先を探すと良いでしょう。

 

 

 

シェアしてくれてありがとう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

仕事の探し方がわからない30代が転職求人を見つける6つの手段

やりたいことが無くて遠くを眺める男性 「転職したいけど何で仕事を探せばいいかわからない」「やりたい仕事はどう探せばいいの?」こんな悩みをあなたへの「答え」がこの記事にあります。仕事を探す場所はハローワークだけではありません。初めて転職する30代向けに全部で6つの方法を書きました。メリット・デメリットを考えてあなたに合った仕事の探し方が見...

≫続きを読む

 

初めての転職ならハローワーク? 職業安定所のメリットとデメリット

ハローワーク 「ハローワークはブラックが多いらしいけどメリットあるの?」「一生働く会社を探すならやっぱり職安?」こんな考えを持つ人のためにこの記事を書きました。私も初めての転職はハローワークで行いましたがその時の体験をまじえてハローワークのメリットとデメリットを語っていきます。読まないと転職に失敗して経歴に傷がつ...

≫続きを読む

 

30代の転職初心者向け|転職サイトのデメリットとメリットを徹底解説

転職サイト 「転職サイトを使いたいけれど初めてなので不安」そんな30代転職者のためにこの記事では転職サイトを使うデメリットとメリットについてまとめました。転職する方法としてはハローワークに通ったり求人誌を手に入れるといった方法が有名ですが、インターネットには転職サイトがあります。転職サイトには多くのメリットとデ...

≫続きを読む

 

転職エージェントのデメリットと成功する使い方|30代で初めて転職

転職成功 「転職エージェントって何かメリットがあるの?」という転職初心者のためにこの記事では転職エージェントのデメリットや成功するための使い方についてまとめています。読むことで転職サイトやハローワークと比べて何が違うのかがわかります。【目次】 ↓クリックすると読みたい項目をすぐ読めます1.転職エージェントのデ...

≫続きを読む

 

【タウンワーク】求人誌や新聞広告で仕事を探すメリットとデメリット

求人誌 「求人誌で仕事を探すメリットは何?」「新聞の折り込みチラシの求人ってどうなの?」こんな人はこの記事を読めば答えがわかります。特に、初めて転職を経験する30代なら仕事探しの方法で人生がわかれます。記事を読むかどうかで人生が変わるほどの違いがありますので見逃さないようにしてください。この記事では求人誌の...

≫続きを読む

 

30代の中途採用向け|企業に直接応募するメリットとデメリット

企業ビル 「企業ホームページと転職エージェントははどっちから応募したらいいの?」という疑問があります。ハローワークや転職エージェントに掲載しておきながら企業ホームページにも応募フォームを設置している企業はどんな考えで複数のルートを用意しているのでしょうか?30代の中途採用を目指す場合、転職活動は失敗することが...

≫続きを読む

 

 
記事一覧 プロフィール 問い合わせ