【体験者】無職になる前に必要なクレジットカード|怖がらずに節約

【体験者】無職になる前に必要なクレジットカード|怖がらずに節約

 

 

クレジットカード

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

「転職で無職になるから節約したい」
という人でクレジットカードを持っていない人はカードを持てば節約ができます。

 

でも、

  • クレジットカードって盗まれるのが怖い
  • 使いすぎてしまいそう
  • ローンが嫌い
  • よくわからないので使いたくない

 

という人は多いでしょう。
私もそうでした。

 

しかし、ほとんどは勘違いでした

調べれば調べるほど、クレジットカードを使わないと損をすることがわかりました。

 

この記事では

  • クレジットカードが現金支払いより得な理由
  • 怖かったけど意外と大したことが無いクレジットカード
  • クレジットカードで節約するならどのカードが良いのか

をわかりやすくまとめています。

 

 

 

 

クレジットカードが現金支払いより節約できる理由

クレジットカード

 

クレジットカードは現金支払いに比べてメリットとデメリットがあります。

 

クレジットカードを持つデメリット

  • 情報漏洩が不安
  • 分割だと手数料がかかる
  • 手続きが必要

 

クレジットカードを持つメリット

  • 現金より軽くて素早く支払いができる
  • 作った時に数千円分のポイントが付与される
  • 支払いするだけでポイントが付く

 

デメリットとして、情報漏洩やカードの盗難がありますよね。

実はデメリットではありません

クレジットカードには盗難補償がついているため、他人にクレジットカードを使われても全額補償してもらえます。
補償を受ければ一切の請求が来ませんので安心してください。

 

分割支払いをするなら手数料がかかりますが、多くの人はクレジットカード支払いは一括払いです。
一括支払いなら手数料はかかりませんので分割を利用しないことが肝心です。

 

クレジットカードの作成には手続きが必要です。
これが面倒という人も多いですが、実際に作ってみたら自宅から口座登録するだけで書類に記入は一切ありませんでした
楽天カードの場合はゆうちょ口座を使う場合はゆうちょダイレクト+に登録していれば簡単に口座登録ができます。他の銀行口座でもネットで処理できることが多いようです。
あとは1週間待つだけでカードが届きました。

 

 

作って驚いたのが、1ポイントで1円分のお買い物に使えるというポイント還元率の高さです。
私は楽天カードで初めてクレジットカードを作ったのですが、カードを作るだけで2,500円分の楽天Edyがもらえました
運悪くキャンペーンの時期を外していたのでこれしかもらえなかったのですが、キャンペーン中だと5,000ポイントや8,000ポイントもらえるそうです。

 

しかもこのポイント、カードで支払いするだけで増えていきます。
今の時代、日常の生活費の多くがクレジットカードでできます。
現金支払いをクレジットカード支払いに変えるだけで年間1万円以上のポイントがつくことが多いため節約するならクレジットカードがお得と言われているのですね。

 

 

無職で節約するなら楽天カードがオススメ

 

クレジットカードと言っても多くの種類があります。
中には審査が厳しくて通らないものや、作るのに手数料がかかるカードがあります。

 

最も節約できると感じたクレジットカードは楽天カードです。

 

理由としては、

  • 審査が甘い
  • 無料で作れて年会費も無料
  • 作るだけで数千円ポイントがもらえる
  • 楽天ショップで使うとポイント3倍

 

審査が甘い

楽天カードは作るための審査が特に甘いクレジットカードです。
正社員はもちろんのこと、アルバイト、専業主婦や学生ですら作れます

 

無料で作れて年会費も無料

楽天カードは作成が無料で、年会費もかかりません。
作ったり維持するのにお金がかかるクレジットカードが多い中、持っていても損しない楽天カードはそれだけで価値があります。

 

作るだけで数千ポイントがもらえる

特にお得なのが作るだけでもらえるポイントです。
無料で作れるのに、買い物ができるポイントまでもらえるのですから不思議な話ですよね。
この仕組みは後述する

「なぜクレジットはポイントが無料で貰えるのか?」

で詳しく説明しています。

 

楽天ショップで使うとポイント3倍

楽天カードは無料で作れるクレジットカードの中ではトップクラスのポイント還元率1%です。
1ポイントは1円分として楽天Edyや楽天市場で使用できますので、1万円支払えば100ポイントもらえる計算です。
しかも、楽天ショップで楽天カードを使うとポイントが3倍もらえます。
最大で10倍もらえるショップもあるらしく、1万円を使えば1,000ポイントがもらえるということですね。

 

 

この他にも、無地ではなくディズニーなどの柄のカードを作れることがあります。
私が作った時はディズニー柄があったので無地よりは良いだろうと思ってつい作ってしまいました。
もちろん無料で絵柄が選べます。

 

 

楽天カードで節約が可能な費用

クレジットカード

 

楽天カードはどんな支払いでも1%が還元されます。
税金や光熱費などの毎月欠かせない費用を楽天カード支払いに切り替えることで簡単に節約ができます。
可能な支払い全てを切り替えれば年間100万円以上の節約になりえますのでカードを作ったら必ず切り替えましょう。

 

楽天カードでポイントがもらえる支払い
  • 携帯電話料金
  • 電気料金
  • ガス料金
  • 水道料金
  • ネット代
  • 食費
  • 通販
  • 医療費
  • 国民年金、国民健康保険
  • 税金
  • NHK、新聞代、ケーブルTV

 

携帯電話

ドコモとauであれば楽天カードの会員サイト「楽天e-NAVI」から電話番号を入力するだけで支払い切り替えができます。
ソフトバンクや楽天モバイルででも各ショップや会員サイトから変更が可能です。

 

電気料金

多くの自治体の電気料金はクレジット支払いが可能です。

 

ガス料金

クレジットカード支払いに対応しているガス会社であれば利用が可能です。

 

水道料金

多くの自治体では水道料金がクレジットカードで支払いできます。

 

ネット代

NTT回線などを利用している場合にクレジットカード支払いが可能です。
NTT回線で携帯電話もドコモであればまとめてクレジットカードで請求することが出来ます。

 

食費

普段の買い物をクレジットカードで済ませることでポイントが貯まります。

 

通販

通販のほとんどはクレジットカード対応ですので通販サイトを利用する時はクレジット支払にしましょう。
楽天市場での買い物なら楽天カードは3〜10倍のポイントが付きます。

 

医療費

大型の病院であればクレジットカード支払いに対応していることが多いです。
医療費もちゃんとポイントが付与されますのでどんどん利用しましょう。

 

国民年金、国民健康保険

国民年金、国民健康保険はクレジットカード支払いができます。

 

税金

自動車税や相続税など約30種類の税金がクレジットカード支払いに対応しています(一部の納税は地域限定)。
ただし、税金の支払いをクレジットカードで行うと1万円ごとに73円の手数料がかかります。
還元率が低いクレジットカードでは赤字になりますが、楽天カードなら還元率が1%ですので手数料73円を支払っても100ポイントが貰えます。

 

NHK、新聞代、ケーブルTV

NHK、新聞、ケーブルTVはクレジットカード支払いに対応していることが多いようです。

 

 

 

なぜクレジットはポイントが無料で貰えるのか?

クレジットカード

 

クレジットカードを使うだけでポイントがもらえる理由は、お店が手数料を支払っているからです。

 

あなたがクレジットカードで支払いをすると、支払いをしたお店がクレジット会社に手数料を支払います。
その手数料の中からあなたへのポイントが与えられているのです。

 

お店側としてはクレジットカードが利用できるだけで集客効果を望めますので手数料を払ってでも利用したいということです。

 

「もしかしてクレジットカード支払いの手数料も商品価格に上乗せされているのでは?」

 

と思うかもしれませんが、利用者からクレジットカードの手数料を徴収することは禁止されています。
料金に上乗せされることはありませんので安心してください。

 

 

クレジットカードは盗まれたら自己負担?

クレジットカード

 

「クレジットカードは盗まれたら怖いから持たない」

 

という人は多いでしょう。
私もそうでした。

 

それはクレジットカードについて詳しく調べていない人の勘違いです。

 

クレジットカードは盗難に遭って不正利用されても補償があります
盗まれてもすぐに報告することで不正利用された分は補償してもらえるのです。
あなたが支払う必要はありませんので安心して利用できます。

 

 

楽天カードは無職では作れないがアルバイトならOK

クレジットカード

 

クレジットカードは基本的に審査が厳しいです。
カードによっては正社員でなくてはダメだったり、正社員でも年収が低かったら作れないこともあります。

 

その点、楽天カードは審査が特に甘いことで有名です。

 

さすがにブラックリストに載っていたり無職では作れませんが、アルバイトをしているだけで簡単に作れるようです。
審査の甘さは、専業主婦や学生でも作れると言われているくらいです。
無職で楽天カードを使いたいなら会社を退職する前に必ず作りましょう。
一度持ってしまえば支払いを滞納したりしない限りはしばらく使えます。

 

 

クレジットは1カ月分の生活費を前借りできる

クレジットカード

 

無職でクレジットカードを持つことで1カ月分の生活費を前借りすることが出来ます。
多くのクレジットカードは使った月の翌月下旬に支払いをします。
結局支払いをするのだから同じと考えがちですが、実際には無利子で1カ月の生活費を借りられるのと同じです。
来月ならお金が入るという状況だったらキャッシングでお金を借りるよりもクレジットカードの支払いでしのぐ方が損をしなくて済みます。

 

 

使いすぎてしまう人のクレジットカード活用法

クレジットカード

 

クレジットカードを持ったら使いすぎてしまうのではないかと心配する人がいます。
衝動買いしやすい人だと使いすぎる危険性はあります。

 

しかし、クレジットカードの使い方を変えるだけで使いすぎを防ぐことが出来ます。
実際に私が成功した方法ですので、使いすぎが心配なら試してみましょう。

 

やり方は簡単で、

カードを持ち歩かないで保管しておくことです

 

クレジットカードの支払いは光熱費などの毎月自動的に引き落としされるものにだけ使います。
持ち歩くと買い物でつい使いすぎてしまうため、カード自体は家に大切に保管しておきましょう。
他にもクレジットカードの限度額を下げる事で対処は可能ですが、固定費の引き落としがある場合は月の途中で使い切ってしまうと支払いができないという事態が起こりますので気を付けてください。

 

 

楽天カードの作り方

クレジットカード

 

楽天カードの作成手順は15分ほどで完了します。
完了後は簡易書留でカードが届くのを待つだけです。

 

  1. サイトから登録
  2. 完了メールが届く
  3. 簡易書留で来るのでカードを待つ
  4. 同封されたカードにサインをして完了。サインは太いボールペン推奨。

 

VISA、JCB、MasterCardって何が違うの?

楽天カードを作る途中でVISAとかJCBとか選択する場面があります。
楽天カードとはカードの機能の話で、そのほかにブランドというものがあります。
クレジットカードはお店がそのブランドに対応していないと使えません。
よくわからない場合は最もメジャーなVISAにしておけばOKです。

 

 

>>楽天カード公式サイト

 

 

 

 

シェアしてくれてありがとう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

30代で離職期間を半年以内にするために死に物狂いでやるべき転職活動とは

電話をかける男性 「どうしても半年以内に転職したい!」という30代無職に向けてこの記事は書きました。30代の転職活動期間は平均3カ月だと言われています。長い人では1年以上という例もあるため、油断していると離職期間が延びてしまいます。この記事では半年以内に離職しないとなぜダメなのか?離職期間を半年以内にするための転職対...

≫続きを読む

 

【体験者】無職になる前に必要なクレジットカード|怖がらずに節約

クレジットカード 「転職で無職になるから節約したい」という人でクレジットカードを持っていない人はカードを持てば節約ができます。でも、クレジットカードって盗まれるのが怖い使いすぎてしまいそうローンが嫌いよくわからないので使いたくないという人は多いでしょう。私もそうでした。しかし、ほとんどは勘違いでした調べれば調べるほど...

≫続きを読む

 

30代無職で貯金ゼロが生活費を節約して生き残るための7つの対策

貯金箱 30代で飲食店長を退職して貯金ゼロのまま無職になった「飲食店長K」です。貯金ゼロで無職になったら生活費を切り詰めないととても生きていけません。急な事情で無職となってしまった人のために、この記事では貯金が無い無職が生活するための節約術をまとめました。この記事では無職で生活費を1円でも節約するための方法...

≫続きを読む

 

無職が節約のために格安simを使うのは正解なのか|ドコモ推奨

ケータイ 「無職でお金を節約したいけど格安simってどうなの?」と考えている無職の人のために、格安simのスマホを使う利点と欠点をまとめました。「格安sim」とは、大手キャリアの回線を借りることで安く提供している通信サービスです。結論から言えば、お金の節約を最優先にするなら格安simは正解ですただし、デメリッ...

≫続きを読む

 

 
記事一覧 プロフィール 問い合わせ