飲食店の雇われ店長による転職で辞める最適タイミングと切り出し方

飲食店の雇われ店長による転職で辞める最適タイミングと切り出し方

 

 

退職届を出す店長

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

飲食店の雇われ店長といえば店舗の責任者ですから、引継ぎすることを考えるとすぐに辞めるわけにはいきません。

 

しかし、近いうちには退職しようと決めている。

 

そんな場合、辞めるタイミングをいつにするか、何カ月前に退職を伝えるかで悩みますよね。

 

 

  • 退職を伝えるタイミングは辞める何カ月前が良いのか?
  • 上司にはいつ退職を切り出せば良いのか?
  • 希望したタイミングで確実に退職するにはどんな退職理由にするのか?
  • 飲食業で円滑に店長を辞める方法とは?

 

 

こういった悩みや不安を持っている飲食の店長のためにこの記事を書きました。

 

読むことで安心して飲食業の店長を辞めることができます。

 

 

 

 

店長を辞めると伝えるタイミングは何カ月前が最適なのか

店長を辞めるタイミングの相談

 

飲食店の雇われ店長の場合、辞めるタイミングは繁忙期を避けるのが無難です。

 

退職を伝えるタイミングとしては、3カ月〜半年前が最適です。

 

そんなに退職まで待てないという場合でも
辞める2カ月前には伝えておいた方が良いです。

 

理由としては引継ぎの問題です。

 

あなたの後任が決まっている状況であれば1カ月前でも構いませんが、多くの場合は後任がすぐには決まらないと思います。

 

私が勤めていた飲食店では1店舗に社員は店長だけだったので、後任は他店舗から異動しなくてはなりませんでした。

 

他店舗で人材が余っているわけもなく、引継ぎを考えると2カ月無ければまともな人事異動にはなりません。

 

まともな人事異動にならないということは、後任の店長の引っ越し準備が2週間以下しかないというように迷惑がかかるということです。
実際、私は10日前に転勤を言い渡されて急いで準備をしましたが引っ越し業者が間に合わないことが過去にありました。

 

円滑に退職したいのであれば2カ月以上前には退職することを上司に伝えましょう。

 

特殊な条件下であれば円満にスピード退社できることがあります。詳しくは「ブラック飲食店の店長が3週間前の告知で円満退社できたので辞め方を書く」をご覧ください。

 

ちなみに2カ月前というのは実勤務の最終日からの計算です。
有給休暇を使用していない場合は消化に1カ月以上かかるでしょうから、退職日からは3〜4カ月前になります。

 

 

 

転職先の決め方

辞めるとしたら、貯金を切り崩すか独立するのでもない限り転職先が必要になると思います。
2カ月前となると転職先を決めるには早いですが、条件が良い求人というのはすぐ見つかるものではありません。

 

退職してから転職先を探すと、貯金ばかりが減っていって転職先が決まらないなんてことになりかねません。
そうなるとどこでも良いから転職しようと考えて、また飲食業やブラック企業に就職してしまいます。

 

退職を伝える前から転職サイトで探すことで、あなたに適した好条件の会社が見つかりやすくなります。
転職サイトには無料であなたをサポートする転職エージェントという専門家がいます。
面談する必要がありますが、その後は書類作成や求人検索などは任せてしまうことができます。

 

あなたが働いている間でも好条件の求人を探してくれるので、転職先が決まっていないなら登録しておくと転職できないという不安が解消できます。

 

転職サイトを利用するのなら業界屈指の転職支援実績がある
リクルートエージェントが良いでしょう。

 

 

 

上司への退職の切り出し方・伝える勇気の出し方

上司に退職を切り出す

 

飲食業の店長を辞める日は決めた。
だけど、上司にどう切り出したらいいかで悩みますよね。

 

退職したいと伝えようものなら

 

「ああ? 本気で言ってるのか?」

 

と言われるかもしれません。
冷たい待遇をされるのを恐れていつまでも退職を伝えられないかもしれません。

 

 

上司に退職を切り出す勇気を出す方法

 

ポジティブとネガティブの両方の方法があります。
あなたが退職したい理由によって好きな方を選んでください。

 

 

ポジティブな方法

退職がキャリアアップややりたいことのために必要な場合に向いています。

 

あなたが望むことを1日でも早くやりたくはありませんか?

 

退職を数週間、数カ月と先延ばしにしてしまうと、キャリアアップややりたいことをする時間が減ってしまいます。

 

もし転職してやりたいことができるようになったとき、その数週間、数カ月が致命的な遅れとなる可能性があります。

 

あなたは20代の時やっておけばよかったと思うことがありませんか?

 

そんなあなたは40代になったとき「早く退職しておけば良かった」と後悔しますよ。

 

いま退職を決意したら望んだ企業に転職できるかもしれません。

 

しかし、数か月後にはその企業の求人は無くなっているでしょう。

 

行動すると決めたらすぐ動く。

 

これこそが人生を成功させるコツです。

 

 

 

 

ネガティブな方法

あなたは、今が凄く辛くありませんか?
なんで自分がここまでやらなくてはいけないのかと思い始めていませんか?

 

今まであなたが先延ばしにしてきたことが原因かもしれません。
もっと早く退職を決意していれば傷は浅くて済んだのです。

 

確かに上司に退職を伝えるのは怖いです。
ですが退職を伝えなければ今の辛さが続くだけです。
今の状況に耐えられるのなら退職なんてしようと思いませんよね。

 

今こそが人生の踏ん張りどころです。

 

上司の事を考えるのはやめましょう。
考えるとまた怖くなります。

 

何も考えず「退職します」とだけ伝えてください

 

一度言ってしまえば、思った以上に拍子抜けするものです。

 

退職するなら上司だけではなく親にも相談が必要かもしれません。
親が反対しそうな場合は「転職を親に言わなかったら後悔するけどそれでも私が相談しない理由」が参考になります。

 

 

 

上司に退職を認めてもらうための下準備と切り出し方

ここでは、上司と揉めることなく退職を認めてもらうための下準備と切り出し方をまとめました。

 

上司より先に同僚に漏らしてはいけない

よくある失敗は、上司より先に同僚に「退職するつもりなんだ」と漏らしてしまうことです。

 

あなたが思っている以上に、同僚の口は軽いです。
漏らさないだろうと思って伝えた情報が、1週間で誰もが知っているなんて状況を何度も見てきました。

 

もしあなたの口からではなく、他人の口から上司に退職の話が伝わるとどうなるでしょうか?

 

上司は間違いなく不快に思います。

 

「周囲の人間は知っていたのに、なぜ直属の上司である自分は知らないんだ」とね。

 

あなたとしては、確実な日取りなどを決めてから伝えようとしていたのでしょうが、上司から見れば印象は最悪です。

 

退職を最初に伝えるのは直属の上司にする。

 

これは鉄則です。

 

もし確実な日取りなどを決めてから上司に切り出したいのなら、それまでは誰にも漏らさないようにしましょう。

 

 

上司が忙しい時期や時間帯を避ける

上司の起源を損ねないためには伝えるタイミングも重要です。

 

管理職である上司は日中は取引先とのやりとりや会議などで多忙なため、朝の出勤直後、あるいは夜の退勤前が望ましいでしょう。
上司の勤務が月曜から金曜だった場合は、金曜の退勤前は避けた方が良いです。
誰だって休みの日の直前に人事に関する問題を持ち込まれたくはないものです。
上司も人ですから、休みはゆっくりしたいことでしょう。
逆に、溜まっている仕事を処理するために精力的になりやすい月曜の朝が狙い目だと思います。

 

 

上司への退職の切り出し方

飲食店の店長の場合、管理職である上司と直接会う機会は少ないかもしれません。
私などは地方に転勤していた時は数カ月に1回しか会わないこともありました。

 

退職の話はあなたにはもちろんのこと、上司にとっても人事を動かす重要な関心事ですので可能なら直接会って伝えてください。

 

どうしても会うのが無理なら「電話で申し訳ないのですが……」と先に伝えます。
メールは厳禁です。
最低でも電話、直接会えるのなら必ず会って伝えてください。
でなければ「退職という重要なことをメールで伝えるとは失礼な奴」というレッテルを貼られて退職までの期間が辛いものとなるでしょう。

 

 

切り出し方としては以下の流れになります。

 

  1. 「ご相談があります」と重要な話であることを感じてもらう
  2. 「○月○日の実出勤を最後に退職したいと思います」と結論から伝える(2ケ月以上先が望ましい)
  3. 「退職理由」と「退職後にどうするのか」を聞かれますので、あなたの本心を伝えてください
  4. 最後に、「今までお世話になりました。退職日まで精一杯勤めさせて頂きます」と感謝の言葉を伝えます

 

本当の退職理由を伝えると都合が悪いようでしたら

確実に辞められる退職理由

を参考にしてみてください。

 

引継ぎが間に合わないので時期をずらしてほしいと言われるかもしれません。
可能なら1カ月程度なら対応してあげても良いでしょう。
ただし、時期をずらすのは1回だけです。何回も上司のお願いを聞いていては退職日がどんどん遅くなってしまいます。

 

年末年始のような長期の繁忙期でない限り2カ月前に伝えれば引継ぎなどもすべて対応できるはずです。
実出勤日の後は有給を全部消化したいと伝えるのも忘れないでください。

 

飲食業界は人手不足です。
上司はあなたの退職を思いとどまらせようとするかもしれません。
しかし、辞めると口にしたら退職を思いとどまるのは危険です。

 

「コイツはいつ辞めるかわからない」

 

と認識されて出世はできませんし、人手不足が解消されたら冷遇されて結局は辞めることになるからです。

 

 

上司に切り出して一安心といきたいところですが、退職日までに転職先も考えなくてはいけません
退職を伝える前に転職先を探すとなると、転職先の企業に2カ月以上待ってもらうことになります。

 

現実的ではないため、転職先は退職後に探す方が良いでしょう。
どうしても先に転職先を決めておきたいのでしたら、今のうちから転職サイトで探しておいて、転職先が決まったら上司には1か月後に退職したいと伝えてください。
上司と揉める可能性はありますが、先に転職先を探すのであればこの方法しかありません。

 

転職先を探すなら早い方が良いです。
時期によってはろくな求人が無いこともあります。
早いうちから探しておくことで、「こんな条件の良い企業もあるのか」という思わぬホワイト企業が見つかるかもしれませんよ。

 

転職するなら割の良くて非公開にするような独自の求人を抱えている大手転職サイトを利用すると良いでしょう。

 

 

 

店長でも狙ったタイミングで確実に辞められる退職理由

タイミング良く辞められた店長

 

飲食店の店長は引継ぎなどがあるため「辞めます」と言ってすぐに辞めるのは難しいです。

 

人手不足の業界ですから考え直すよう上司に説得されるかもしれません。

 

退職理由を「会社の人間関係に不満があるから」といった会社依存の理由にしてしまうと、
「人事異動で何とかする」「ストレスの原因となる人の態度を改善させる」と言われて、退職理由を潰そうとしてきます。

 

実際のところ、飲食店の雇われ店長が辞める理由というのはネガティブなものがほとんどです。

 

  • 長時間労働が嫌だ
  • 休みに呼び出されたくない
  • スタッフをまとめるのが大変
  • 上司のパワハラがキツイ

 

こんな理由を挙げようものなら「改善する」と言われて考え直せと言われることでしょう。

 

ですが、以下のような理由であれば上司は引きとめにくくなります。

 

場合によっては退職理由を偽ることになります。
嘘をつくのが嫌だという人は、「真実だけど誇張する」と良いでしょう。

 

 

上司が引きとめるのが難しい退職理由

 

介護のため

不謹慎ですが最強の退職理由です。

 

家族の介護が必要なので時間の融通が利く仕事にしたい、実家に引っ越すことになったなどと伝えれば、上司は無理に引きとめることが出来ません。
デリケートな問題だけに無暗に突っ込んでくることも無いでしょう。

 

嘘をついてでも円満に退社したい人向けです。

 

やりたいことがある

30代だと少し滑稽に聞こえる退職理由ですが、現代は職業を選べる時代です。
アパレルで働きたい、小説家になりたい、起業したいなど理由は何でも構いません。

 

この理由を使う場合、退職後にその夢に向かって何をするのかを聞かれるので具体的に考えておきましょう。

 

嘘をつかずに退職したい人向けです。

 

私は最初の職場を退職する時に「小説家になりたい」と「親の近くにいなくてはいけない家庭の事情」と伝えて退職しています。
嘘は言いたくなかったので事実を少し隠して伝えたところ、詳しい事情については一切聞かれませんでした。
ちなみに小説を出版社に投稿していましたが小説家にはなれませんでした(笑)

 

「一身上の都合です」とだけ伝える

上司の印象を悪くすることは間違いありませんが、理由を伝えないで退職することができます。
なぜなら、労働者には退職理由を伝える義務がないからです。

 

以下より弁護士の見解を引用しています。

「労働法は、使用者の方に解雇理由の記載を含む『退職証明書』を出す義務を負わせているだけです(労働基準法22条)。民法上も、期間の定めのない雇用契約では、当事者はいつでも解約の申し入れをすることができると定められており、解約理由は問われていません(民法627条1項)」

引用元:弁護士ドットコム

 

大きな会社になるほど違法行為に敏感です。
どうしても上司に理由を知られたくないのであればこの手段を使いましょう。
退職理由を絶対に言いたくない人向けです。

 

 

上司から嫌味を言われないために必要な店長の辞め方

辞め方に失敗して怒られる店長

 

上司から嫌味を言われないためには、

 

  • 実出勤換算で退職2カ月前までには伝える
  • 引継ぎをしっかりと行う
  • 上司へ切り出す時は直接会うか、最低でも電話にする
  • 退職理由は「介護のため」か「やりたいことがある」
  • GW、お盆、年末年始などの繁忙期は避ける

 

これを守れば円満退職が望めます。
あとは日頃から上司と親密な関係を築けていれば嫌味を言われる心配はないでしょう。

 

 

転職の準備は済んでいますか?

 

準備もしないで転職しようとするとお金が足りなくなってブラック企業に入ることになります。
今から準備しておいて、ホワイト企業を見つけておけば、いざ退職という時にスムーズに転職ができることでしょう。

 

転職サイトは無料で登録できますし、
面談さえ行えばあなたのために就職先を探してくれる転職エージェントサイトへの登録もあります。

 

 

自分で求人を探したい人向け

>>リクナビNEXT

 

 

 

面談後は書類づくりや求人探しをして専門家に任せたい人向け

>>リクルートエージェント

 

 

今のうちから登録しておけば、いざ退職という時に慌てずに済むでしょう。

 

 

 

 

シェアしてくれてありがとう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

飲食業界は安泰! 社員の将来性は真っ暗! 飲食店長Kが語る真実

将来性が無いと気づく店長 どうも、飲食業での店長経験がある飲食店長Kです。飲食業の店長をしていると、自分の将来性に不安を抱きますよね。私は20代の頃はプライベートを犠牲にして会社に尽くしていましたが、30代前半の頃に「この会社にこれ以上いたら人生詰むのでは?」と感じて転職を決意しました。結論から言えば、飲食業界の社員に将来性...

≫続きを読む

 

田舎に転勤したくないので退職した話|転勤の無い転職先を探す方法

引っ越し中 あなたは、「転勤したくないけど断ったら退職させられるの?」と不安を抱いていませんか?こんにちは。田舎に転勤したくないという理由などで退職した飲食店長Kです。サラリーマンにとって転勤はいつ命じられてもおかしくありません。ですが、知らない土地で生活するのは不安ですよね。転勤を断れば退職しなくてはならない...

≫続きを読む

 

転職を親に言わなかったら後悔するけどそれでも私が相談しない理由

親に転職を相談できず後悔 今の仕事を辞めると決めた時、「仕事を辞めることを親に言うべきだろうか」と悩みませんか?飲食店長Kは退職すると決めてから何度か悩みました。「内緒にして転職活動をしても大丈夫だろうか?」「リスクが高い転職なので反対されたらどうしよう」と考える人のためにこの記事では以下のことをまとめました。転職することを...

≫続きを読む

 

【経験者】飲食の雇われ店長を辞めたい|転職失敗しないための対策

激務に我慢できない店長 あなたは繁忙期であるゴールデンウィークに実働15時間で3週間休みなしでワンオペまでこなしたことはありますか?私はあります。激務である飲食業界の中では、この程度の勤務で済む飲食店は恵まれているほうでしょう。店長であれば大量の事務作業やスタッフの教育なども加わり、激務という言葉で片付けたくないくらいの状...

≫続きを読む

 

飲食店の雇われ店長による転職で辞める最適タイミングと切り出し方

転職サイト 飲食店の雇われ店長といえば店舗の責任者ですから、引継ぎすることを考えるとすぐに辞めるわけにはいきません。しかし、近いうちには退職しようと決めている。そんな場合、辞めるタイミングをいつにするか、何カ月前に退職を伝えるかで悩みますよね。退職を伝えるタイミングは辞める何カ月前が良いのか?上司にはいつ退職を...

≫続きを読む

 

貯金ゼロの30代飲食店長でも会社をすぐ辞める事ができたのでまとめた

非常口 「飲食店の店長なんて今すぐ辞めたいけど貯金が無い……」こんな悩みをあなたは抱えていませんか?飲食店の雇われ店長は長時間労働の割に年収が低いため貯金がすぐには貯まりません。上司やアルバイトとの人間関係でも悩みやすく「もう辞めたい」なんて思うことは一度や二度では無いでしょう。30代の飲食店長では貯金が無...

≫続きを読む

 

ブラック飲食店の店長が3週間前の告知で円満退社できたので辞め方を書く

転職サイト 「ブラック飲食店で円満退社とか無理じゃね?」と思っていませんか?私こと飲食店長Kは、週休0日や1日15時間労働があるブラック飲食店に勤めていました。有給休暇なんて取れる雰囲気ではなく、転勤時の日数穴埋めくらいでしか取得できませんでした。繁忙期だったため上司に退職を伝えるのが最終出勤日の3週間前という...

≫続きを読む

 

次の仕事が決まらないのに「転職します」と言って辞めた飲食店長の体験談

転職サイト 「次の仕事が決まっていないのに今すぐ退職したい!」飲食店で働いていたらこんな気持ちになることがあります。次の仕事が決まっていなくて苦労するかもしれないがそれでも今すぐに辞めたい。そんなあなたのため転職先を決めずに辞めるメリットやデメリットをまとめました。仕事を決めずに退職した飲食店長Kによる体験を踏...

≫続きを読む

 

【有給】飲食店長の退職時に損しないための防衛策|40万円の損失回避

給料 退職時に会社の言いなりになっていると損をすることがあります。損をしないためには退職時には適切な対処をしなくてはなりません。円満退職したい人だと強く言えないこともあるでしょう。しかし、自己防衛をしないと40万円以上の損失になることもあります。この記事では退職時に40万円の損失を回避する方法退職時にやら...

≫続きを読む

 

【男性向け】飲食からアパレルへの転職は有利? 両者の違いを学べ!

アパレル店員 女性ばかりの職場でモテたい本当はアパレルで働きたい最新のブランド服を着て仕事がしたいお客さんをさばく感じの飲食店の接客では物足りない唐突ですが、あなたは飲食店で働くことに満足していますか?飲食店はアルバイトならともかく社員として働くには収入や体力面で将来が不安ですよね。制服もよく汚れるし、服装に気を...

≫続きを読む

 

30代で飲食店長から営業職に未経験で転職したら年収が増えてヤバイ

札束 「30代の飲食店長から未経験で営業に転職したい」こんな考えを持つ人は多いようです。飲食店長は激務・長時間労働・休みなしが多いですが、営業職はどうなのでしょうか?年収を増やしたい人や、やりがいを求めるなら営業職が向いています。ただ、激務と言われるの覚悟が必要です。といっても飲食店長ほど激務で休みが無い...

≫続きを読む

 

未経験で工場勤務に向いてるのはどんな人|接客嫌いの飲食店長に最適!

工場勤務 「飲食店の店長なんだけど接客が苦手なので転職したい」そう思っているのはあなただけではありません。飲食業界は将来性も暗いのでもっと楽で接客が無い業界に転職したいですよね。接客嫌いの店長にピッタリなのが工場勤務です。しかし、30代で未経験でも工場で働けるのか気になりますよね。この記事では接客に疲れた飲食...

≫続きを読む

 

【騙されるな】30代飲食店長が投資とネット副業を2年間継続して痛感した現実

田んぼにお札 「仕事が忙しすぎて時間が無いけど副業がしたい」という30代の飲食店長は多いでしょう。飲食店を本業としていても将来的に給料が上がる見込みが薄く、体力的には40代で現場仕事に耐えられなくなります。休日が不規則な上に急な呼び出しもある飲食店長が副業をするのは困難です。しかし、家でもできる副業なら可能です。...

≫続きを読む

 

正社員に転職したけど半年で退職したい|辞めるべき? 続けるべき?

OKかNGか 「転職して半年で退職したいんだけど大丈夫?」と心配な30代に向けてこの記事を書きました。やっと見つけた転職先なのに、人間関係が悪かったり、仕事がきつくて辞めたいなんてことになっていませんか?辞めてもいいですが、決断する前に考えることがあります。あなたが幸せな人生を歩むために、1文字も見逃さないで読む...

≫続きを読む

 

貯金ゼロで退職したら本当に後悔するのか飲食店長Kが検証してみた

退職を検証 「退職したら後悔するよ!」と世間一般では言われています。退職した経験が無いのにその言葉をそのまま他人に伝える人さえいます。でも、今の仕事はつらい。とにかくつらい。辞めたいけれど退職するのも不安。そんな悩みを抱える人のために、実際に退職した飲食店長Kが何を思ったかをまとめました。私はまったく後悔してい...

≫続きを読む

 

 
記事一覧 プロフィール 問い合わせ