飲食店長Kが休日にかかってくる仕事の電話に怯えなくなった方法を書いてみる

飲食店長Kが休日にかかってくる仕事の電話に怯えなくなった方法を書く

 

 

着信音に怯える飲食店長

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

休日にかかってくる電話の着信音が怖い」

 

という飲食店長はいませんか?

 

飲食店長Kは仕事の電話が多すぎて空耳がするほどになり毎月のように着信音を変えていました。

 

しかし、今では仕事の電話に怯えることなくプライベートを満喫しています

 

私が休日に電話がかかってこないようにした対策をすべて書きますので、仕事の電話で悩んでいる人は参考にしてください。

 

 

この記事では

  • 休日に仕事の電話をかけさせない対策
  • 仕事の電話に怯えなくなる方法

をわかりやすくまとめています。

 

 

 

 

 

飲食店長に落ち着ける時間などない

電話に怯える飲食店長

 

飲食店の店長に休まる時はありません。
飲食店長Kのお店は24時間営業でしたので休日でも24時間電話がかかってきました

 

頻度が多い時にはプライベートの時間なのに毎日かかってきましたし、休みの日で1日に6回以上かかってくることもありました。
電話の着信音がいつ鳴るかと正気ではなく、空耳が聞こえてきて最低音量にしたり毎月のように着信音を変えていました。

 

ひどいときだと120キロ離れた街に遠出していた時に緊急の電話がかかってきて数千円の交通費と丸一日を潰して帰宅したこともあります
以来、遠出することは無くなりましたし、呼び出しにすぐ対応できるよう職場の近くに住んでいました。

 

休日のうち仕事の電話がかかってこない日だけをカウントした場合、飲食店長Kの年間休日は40日もありませんでした。

 

プライベートな時間での仕事の電話は労働基準法違反だとよく言われます。
しかし、違法だから何だというのでしょうか。
仕事を続けられなくなるリスクを負ってまで会社を糾弾できるわけがありません。

 

 

休日に仕事の電話をかけさせない対策

電話で落ち着かない飲食店長

 

仕事の電話に怯える生活を改善したくて対策をしたことがあります。

 

それなりに有効だったのが以下の方法です。

 

トラブル対策のマニュアル化

店長が居なくても店が完璧に回るようにすればお店から電話がかかってくることは減ります。
無銭飲食などの考えうるトラブルをすべてマニュアル化することでアルバイトからかかってくる電話の頻度は減らせるでしょう。
しかし、アルバイトでは対処不可能な事態は必ず起こります。アルバイトの体調不良で人員が不足することもあります。
緊急性が高い事態の場合はアルバイトだけで対処することは困難です。場合によってはすぐ報告してほしい場面もあるためこの案では完全に仕事の電話をなくすことはできません。
また、上司からの電話は防げません。

 

 

電話禁止

電話ではなくメールやLINEで連絡してもらうという方法もあります。
通知が怖くなることはありますが着信音で怯えることは無くなります

 

 

会社に待機時間の給料を請求する

これが出来れば苦労しませんが、相談してみる価値はあるかもしれません。
特に上司から頻繁に電話がかかってくるなら、さらに上の役職の人に休日の電話が多すぎるので待機時間として認めてくださいと伝えてみてはいかがでしょうか。
会社としては余計なお金を払いたくないので上司からの電話が無くなるかもしれません。
月間数千円の支払いで休日に際限なく電話がくる可能性もありますが。

 

上司からの電話はシフト調整で対策

休日に上司から電話が来るのなら、シフトを調整して上司が出勤する日は休みにしないという対策があります。
上司が休みの日に自分も休むことで仕事の電話がかかってくることは無くなります。
ただし、上司がいつ出勤しているかを完全に把握できなくては実行できません

 

 

 

プライベートで仕事の電話がかかってきても怯えないために

休日は携帯電話を放置

 

事前に対策をしても休日に電話がかかってくるのは防げません。
でも、プライベートで絶対に仕事の電話を受けたくない時ってありますよね。
そんな時は以下を試しましょう。

 

電源を切る

確実な対策ですが、後から上司に文句を言われるのは間違いありません。
それでも仕事よりプライベートを優先したい時には実行してもいいでしょう。

 

 

マナーモードにして1回目は出ない

緊急の電話だけ出たい場合で着信音に怯えるのならマナーモードに設定しましょう。
その上で1回目は電話に出なくていいです。
店長にしか解決できない緊急性が高い用件なら数分後に2回目の電話が来ます。
2回目の電話が来た場合はすぐに出ておけば緊急の用事だけを受けることができます

 

上記の対策はすべて行ったとしても休日に電話がかかってくるのを完全に防ぐことはできません

 

飲食店長を続けるのなら完全な休日など無いと考えてください。
接客業である限りトラブルは起こるのでプライベートだとしても仕事の電話が来ます。
それが嫌なら飲食業界を辞めるしかないでしょう。

 

休日にかかってくる仕事の電話のせいで精神的に追い詰められることも多いです。
将来的に充実したプライべートを過ごしたいのであれば早めに飲食業界を抜け出しましょう。

 

 

休日に電話がかかってこない仕事は?

休日の電話が普通なブラック企業

 

休日に仕事の電話がかかってこないことを望むのなら接客業や営業職は論外です。

 

ベストなのは完全週休2日制で取引先も平日しか営業していない業種

 

あるいは、大手企業であれば分業がしっかりと行われているため緊急時でも休日に仕事の電話がかかってくる心配はありません。

 

休みが多くてプライベートが充実する工場勤務についてはこちらの記事で解説しています。

 

飲食店長Kは業種を変えることで電話に怯えることがなくなりました
休日に電話が来ないという安心感だけで驚くほど充実した毎日を送れます。

 

休日に呼び出しがあるかどうかは求人情報を調べただけではわかりません。
完全週休2日とうたいながらも休日に電話がかかってくる会社なんてたくさんあります。

 

そんな時は、企業の情報に詳しい転職エージェントを利用すると良いでしょう。
転職エージェントは無料であなたの転職をサポートしてくれるサービスです。
彼らにしかわからない情報も多いため企業の内部情報を聞けることでしょう。

 

初めて転職エージェントを使うのなら大手で知られるリクルートエージェントがオススメです。

 

 

すぐ転職する必要はありませんが、今の会社が嫌になった時に残留以外に「転職」という選択肢があれば会社に縛られることなく自由に動けます。

 

 

 

 

シェアしてくれてありがとう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

飲食店の店長が実践|長時間労働がつらすぎる時に楽する4つの対策

残業ばかりの男性 あなたは、月に400時間労働をしたことがありますか?休みなしで毎日13時間労働をしても到達できないほどの長時間労働です。私のような飲食店の雇われ店長ならこのくらいの激務で働く人もいることでしょう。本当の長時間労働はつらいとか、しんどいとか、そういうレベルではありません。思考力が奪われて、帰宅したら何...

≫続きを読む

 

わがままバイトを叱れなかった飲食店長が現場で成功した唯一のマネジメント術

笑う男性 「店長だけどわがままなアルバイトスタッフに強く言えない……」あなたはこんな悩みを抱えていませんか?飲食店では社員が店長だけなのにアルバイトが20人近くいます。彼らの協力なしにお店は運営できないため、アルバイトやパートスタッフの指導や管理が最も重要な仕事です。スタッフを動かすには叱ることが必要だとわか...

≫続きを読む

 

上司が理不尽すぎて目まいするほど死にそうだったけど持ち直した方法

転職サイト あなたは、自分が関わっていないことを報告しただけで上司に怒鳴られ、上司に責任がある失敗でも怒られ、グループで取り組んだ結果を報告したら自分だけ叱責されるなんて理不尽を体験したことはありますか?上司の失敗は私の責任、私の功績は上司の手柄と言わんばかり。「何でこんなことをしたんだ!」と怒られたとき「あな...

≫続きを読む

 

月400時間休みなしで仕事しても会社に使い捨てられるので今すぐ逃げ出す方法

非常口から逃げ出す 1日13時間仕事で休みなしで1カ月働いてやっと休めると思った休日の朝に「体調不良で人が足りないので代わりに出て」と言われたことはありますか?休日の電話の音が怖くて着信音量を最低に設定したり、着信音の空耳が聞こえるので毎月のように着信音を変えた経験は?今は休みなしでも何とかなっていますが、40代、50...

≫続きを読む

 

仕事中に腹痛がしてもトイレに駆け込めない飲食店長が死ぬ気でなおした方法を書く

仕事中の男性 どうも、飲食店長Kです。仕事中にいきなり腹痛がやってきた。同時にお客さんもやってきた。さあ、どうする!?なんて状況は飲食店長なら経験したことはあるでしょう。我慢して腹痛で死ぬか、店を放置して社会的に死ぬかの2択を迫られることもあります。激痛に耐えながらもうろうとした意識で笑顔で接客するスキルが身につ...

≫続きを読む

 

飲食店長Kが休日にかかってくる仕事の電話に怯えなくなった方法を書いてみる

携帯電話を操作する男性 「休日にかかってくる電話の着信音が怖い」という飲食店長はいませんか?飲食店長Kは仕事の電話が多すぎて空耳がするほどになり毎月のように着信音を変えていました。しかし、今では仕事の電話に怯えることなくプライベートを満喫しています私が休日に電話がかかってこないようにした対策をすべて書きますので、仕事の電話...

≫続きを読む

 

仕事で休みが欲しい飲食店長が週休2日制を実現するために実行したこと

バカンス あなたは週休0日で働いたことはありますか?「そんなのいつものことだよ」と答えられるあなたは立派な飲食店長です。しかし、40代でも同じ生活を続けるのは体力的に難しいでしょう。高給ならともかく、休みが無いのに薄給ではいくら頑張っても時間の無駄です。ここでは、給料は増えなくてもいいから休みがもっと欲しい人...

≫続きを読む

 

泣くほど仕事に行きたくないけど休めないので今すぐモチベを高めるコツ

ベンチで寝る男 あなたは休み明けの朝に涙が出るほど仕事に行きたくないけど絶対に休めないので最悪の気分で出勤したことはありますか?仕事休み最終日の夜に動悸がひどくてなかなか寝付けなかったことは?私はあります。「休めないので仕事に行くか死ぬしかない」という覚悟で泣きながら会社に行くしかないのでしょうか?いいえ、そんな気...

≫続きを読む

 

仕事にやりがいを感じなくなった30代が考えなくてはいけない将来像

仕事から現実逃避 「20代では頑張れたのに30代になったらやりがいを感じなくなった」こんな経験を持つ人は多いと思います。30代ともなれば仕事もそつなくこなせますし、20代に比べて目新しい発見もなくなってきます。しかし、やりがいを忘れた時に気を抜くかどうかであなたの将来が決まります。この記事では30代でやりがいを取り戻...

≫続きを読む

 

【経験者】新任店長の悩みを熟練店長が解消|店長の心構えとは?

責任ある男 「店長になったばかりで何をしたらいいかわからない」「スタッフが言うことを聞かない」「売上の伸ばし方がわからない」そんな店長に読んでもらいたいのがこの記事です。何度も読み返して意識することなのでブックマークすることを忘れずにしましょう。実は、最短最速で「店長としての心構え」を知る方法があります。上司に...

≫続きを読む

 

 
記事一覧 プロフィール 問い合わせ