ブラック飲食店の店長が3週間前の告知で円満退社できたので辞め方を書く

ブラック飲食店の店長が3週間前の告知で円満退社したので辞め方を書く

 

 

円満退社

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

「ブラック飲食店で円満退社とか無理じゃね?」

 

と思っていませんか?

 

私こと飲食店長Kは、週休0日や1日15時間労働があるブラック飲食店に勤めていました
有給休暇なんて取れる雰囲気ではなく、転勤時の日数穴埋めくらいでしか取得できませんでした。
繁忙期だったため上司に退職を伝えるのが最終出勤日の3週間前という直前になりました。

 

しかし、有給完全消化で引きとめなし、冷遇されるどころか上司や後任店長に感謝されたほどです。

 

ブラック飲食店を円満退職するのは意外なほど簡単でした。

 

 

この記事では

  • 円満退社することで得られるメリット
  • ブラック飲食店の店長が簡単に円満退社した辞め方
  • 飲食店を辞める時の退職理由と退職日の決め方

をわかりやすくまとめています。

 

 

 

 

 

円満退社するべき理由は精神的安定とお金のため

精神的安定

 

円満退社するべき理由は「精神の安定」と「有給消化でお金を得るため」です。

 

上司に気を遣って有給を消化しない場合、40日もある有給日数を無駄にすることになります。
40日分をお金に変えたら時給800円で1日8時間でも256,000円です。
店長なら時給1,000円以上で計算されますので40万円以上はもらえるでしょう。
辞める会社のために40万円を捨てるなんて勿体ないですが、上司や後任店長に冷たくされるのが嫌で有給を消化したいと言えないかもしれません。

 

有給を無理に取得しても問題が起こります。
上司にとって有給消化というのは人件費が無駄に増えるだけです。
退職日まで冷たい態度をとられることでしょう。
お金は手に入っても、辞めるまでの期間の精神的安定は得られません。

 

円満退社すれば40万円以上のお金が気持ちよく手に入ります。

 

有給消化以外でも退職時に損をしたくないなら「退職時に得するための対策記事」も参考にしてください。

 

ブラック飲食店の店長でも簡単に円満退社する辞め方

飲食店長が円満退社

 

飲食店長Kが円満退社できた理由はタイミングを逃さなかったからです。

 

元々、年内には退職しようと考えていましたが、ゴールデンウィークで繁忙期だったことと、アルバイトスタッフが複数人辞めて新人ばかりだったために、教育が終わる2カ月後までは最低でも在籍する予定でした。

 

しかし、組織再編によってゴールデンウィーク中に異動辞令が出されました。
異動先は全く違う業種と伝えられていましたので、退職する予定なのに1から覚え直している時間は無駄だと考えて退職を決意しました。
上司も同じタイミングで変わったため連絡がつかず、ゴールデンウィークの翌週に新上司に退職を伝えました。

 

後任の店長や上司は飲食店運営の経験が全く無かったため、そのお店の運営ノウハウを持っていたのは私だけでした。
退職しなかった場合は5月中旬に引継ぎを数日してから異動するスケジュールでした。
しかし退職するということで5月末まで引継ぎすることとなり、店舗運営に不安を抱えていた後任店長や上司に感謝されたのです。

 

 

最終的に、ブラック飲食店で新人スタッフが育ち切っていないにもかかわらず、

 

  • 有給は文句を言われることなく40日全部消化
  • 最終出勤日を自分で決めた
  • 退職日も自分で決めた
  • 後任店長や上司には感謝された

 

という円満退社が実現しました。

 

 

円満退社したいなら会社の都合で負担を強いられた時がベストということです。

 

  • 異動を言い渡されたとき
  • 上司のパワハラで精神的に参ったとき
  • 問題がありすぎて誰でも辞めるような状況のとき

 

このような状況なら「裏切者」という烙印を押されることなく円満退社が可能です。

 

異動が決まった時は早めに退職を伝えましょう。
会社側にも人事異動のスケージュールがあるため、異動を受けた後にいきなり「退職します」と言ったら逆効果になります。

 

円満退社する際には引継ぎもしっかりと行いましょう。
最終出勤日に感謝の気持ちを込めてお店のスタッフや上司にお菓子の差し入れをしておけば退職後の印象も完璧です。

 

 

飲食店長Kの場合は上司に直接会えなかったので電話で退職を伝えましたが、可能な限り直接伝えた方がいいです。

 

上司に退職を切り出すのが怖いという人は上司への退職の切り出し方をお読み下さい。
異動などが無いタイミングで辞める方法も書いてあります。

 

 

 

ブラック飲食店長が円満退社した退職理由と退職日の決め方

退職日を決める飲食店長

 

辞める時に悩むのが退職理由退職日です。

 

退職理由

嘘をついても構わない人なら「親の介護のため」と言えばまず追及されません。

 

私のように嘘は言いたくない場合は、真実を誇張して伝えましょう

 

「会社や業界の将来性に不安があるので異業種に転職する」
「人生経験を積むために他の職種を試したい」
という前向きな理由ならどんな場合でも使えます。

 

上司が引きとめにくい退職理由は「飲食店の雇われ店長による転職で辞める最適タイミングと切り出し方」でも紹介しています。

 

 

退職日

基本的に退職日は最終出勤日から有給を消化して有給を使い終わった日にします。
飲食店の店長だとフルタイム勤務ですから社会保険や年金がついていますよね。
保険や年金は出勤時間が週30時間程度を下回ると権利を失います。
面倒な手続きが必要なので有給を使い切った日に退職日を設定すると良いです。

 

最終出勤日は退職を伝えてから最低でも2週間後、できれば1カ月後が望ましいです。
有給が40日あった場合は消化に1ヵ月半かかるので、退職告知日から2カ月半くらいが退職日ですね。

 

有給休暇でトラブルを避けたいのなら無料の弁護士相談も検討

店長をしていて感じたのが会社は弁護士に弱いということです。
アルバイトの有給消化に関して揉めそうになったことは何度かありますが、そのたびに本社社員が慎重な対応をしていました。
個人経営のお店ならいい加減なこともありますが、複数の店舗を持つ企業であれば違法行為にならないかという点にはかなり気を遣っています。

 

有給休暇や労働状況に関して「これおかしいのでは?」と思った場合は弁護士に確認してみるのが一番です。

 

弁護士と聞くと難しそうに感じますが、最近では無料の相談を受け付ける弁護士が多いです。

 

参考:弁護士ドットコム

 

 

 

異動を言い渡されたとき、退職の前に「転勤を受け入れるかどうかで悩む」ことでしょう。
転勤にはメリットとデメリットがあります。

 

転勤するかしないかを悩んでいるなら「田舎に転勤すると苦労する話」という記事もご覧ください。

 

 

 

 

シェアしてくれてありがとう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

飲食業界は安泰! 社員の将来性は真っ暗! 飲食店長Kが語る真実

将来性が無いと気づく店長 どうも、飲食業での店長経験がある飲食店長Kです。飲食業の店長をしていると、自分の将来性に不安を抱きますよね。私は20代の頃はプライベートを犠牲にして会社に尽くしていましたが、30代前半の頃に「この会社にこれ以上いたら人生詰むのでは?」と感じて転職を決意しました。結論から言えば、飲食業界の社員に将来性...

≫続きを読む

 

田舎に転勤したくないので退職した話|転勤の無い転職先を探す方法

引っ越し中 あなたは、「転勤したくないけど断ったら退職させられるの?」と不安を抱いていませんか?こんにちは。田舎に転勤したくないという理由などで退職した飲食店長Kです。サラリーマンにとって転勤はいつ命じられてもおかしくありません。ですが、知らない土地で生活するのは不安ですよね。転勤を断れば退職しなくてはならない...

≫続きを読む

 

転職を親に言わなかったら後悔するけどそれでも私が相談しない理由

親に転職を相談できず後悔 今の仕事を辞めると決めた時、「仕事を辞めることを親に言うべきだろうか」と悩みませんか?飲食店長Kは退職すると決めてから何度か悩みました。「内緒にして転職活動をしても大丈夫だろうか?」「リスクが高い転職なので反対されたらどうしよう」と考える人のためにこの記事では以下のことをまとめました。転職することを...

≫続きを読む

 

【経験者】飲食の雇われ店長を辞めたい|転職失敗しないための対策

激務に我慢できない店長 あなたは繁忙期であるゴールデンウィークに実働15時間で3週間休みなしでワンオペまでこなしたことはありますか?私はあります。激務である飲食業界の中では、この程度の勤務で済む飲食店は恵まれているほうでしょう。店長であれば大量の事務作業やスタッフの教育なども加わり、激務という言葉で片付けたくないくらいの状...

≫続きを読む

 

飲食店の雇われ店長による転職で辞める最適タイミングと切り出し方

転職サイト 飲食店の雇われ店長といえば店舗の責任者ですから、引継ぎすることを考えるとすぐに辞めるわけにはいきません。しかし、近いうちには退職しようと決めている。そんな場合、辞めるタイミングをいつにするか、何カ月前に退職を伝えるかで悩みますよね。退職を伝えるタイミングは辞める何カ月前が良いのか?上司にはいつ退職を...

≫続きを読む

 

貯金ゼロの30代飲食店長でも会社をすぐ辞める事ができたのでまとめた

非常口 「飲食店の店長なんて今すぐ辞めたいけど貯金が無い……」こんな悩みをあなたは抱えていませんか?飲食店の雇われ店長は長時間労働の割に年収が低いため貯金がすぐには貯まりません。上司やアルバイトとの人間関係でも悩みやすく「もう辞めたい」なんて思うことは一度や二度では無いでしょう。30代の飲食店長では貯金が無...

≫続きを読む

 

ブラック飲食店の店長が3週間前の告知で円満退社できたので辞め方を書く

転職サイト 「ブラック飲食店で円満退社とか無理じゃね?」と思っていませんか?私こと飲食店長Kは、週休0日や1日15時間労働があるブラック飲食店に勤めていました。有給休暇なんて取れる雰囲気ではなく、転勤時の日数穴埋めくらいでしか取得できませんでした。繁忙期だったため上司に退職を伝えるのが最終出勤日の3週間前という...

≫続きを読む

 

次の仕事が決まらないのに「転職します」と言って辞めた飲食店長の体験談

転職サイト 「次の仕事が決まっていないのに今すぐ退職したい!」飲食店で働いていたらこんな気持ちになることがあります。次の仕事が決まっていなくて苦労するかもしれないがそれでも今すぐに辞めたい。そんなあなたのため転職先を決めずに辞めるメリットやデメリットをまとめました。仕事を決めずに退職した飲食店長Kによる体験を踏...

≫続きを読む

 

【有給】飲食店長の退職時に損しないための防衛策|40万円の損失回避

給料 退職時に会社の言いなりになっていると損をすることがあります。損をしないためには退職時には適切な対処をしなくてはなりません。円満退職したい人だと強く言えないこともあるでしょう。しかし、自己防衛をしないと40万円以上の損失になることもあります。この記事では退職時に40万円の損失を回避する方法退職時にやら...

≫続きを読む

 

【男性向け】飲食からアパレルへの転職は有利? 両者の違いを学べ!

アパレル店員 女性ばかりの職場でモテたい本当はアパレルで働きたい最新のブランド服を着て仕事がしたいお客さんをさばく感じの飲食店の接客では物足りない唐突ですが、あなたは飲食店で働くことに満足していますか?飲食店はアルバイトならともかく社員として働くには収入や体力面で将来が不安ですよね。制服もよく汚れるし、服装に気を...

≫続きを読む

 

30代で飲食店長から営業職に未経験で転職したら年収が増えてヤバイ

札束 「30代の飲食店長から未経験で営業に転職したい」こんな考えを持つ人は多いようです。飲食店長は激務・長時間労働・休みなしが多いですが、営業職はどうなのでしょうか?年収を増やしたい人や、やりがいを求めるなら営業職が向いています。ただ、激務と言われるの覚悟が必要です。といっても飲食店長ほど激務で休みが無い...

≫続きを読む

 

未経験で工場勤務に向いてるのはどんな人|接客嫌いの飲食店長に最適!

工場勤務 「飲食店の店長なんだけど接客が苦手なので転職したい」そう思っているのはあなただけではありません。飲食業界は将来性も暗いのでもっと楽で接客が無い業界に転職したいですよね。接客嫌いの店長にピッタリなのが工場勤務です。しかし、30代で未経験でも工場で働けるのか気になりますよね。この記事では接客に疲れた飲食...

≫続きを読む

 

【騙されるな】30代飲食店長が投資とネット副業を2年間継続して痛感した現実

田んぼにお札 「仕事が忙しすぎて時間が無いけど副業がしたい」という30代の飲食店長は多いでしょう。飲食店を本業としていても将来的に給料が上がる見込みが薄く、体力的には40代で現場仕事に耐えられなくなります。休日が不規則な上に急な呼び出しもある飲食店長が副業をするのは困難です。しかし、家でもできる副業なら可能です。...

≫続きを読む

 

正社員に転職したけど半年で退職したい|辞めるべき? 続けるべき?

OKかNGか 「転職して半年で退職したいんだけど大丈夫?」と心配な30代に向けてこの記事を書きました。やっと見つけた転職先なのに、人間関係が悪かったり、仕事がきつくて辞めたいなんてことになっていませんか?辞めてもいいですが、決断する前に考えることがあります。あなたが幸せな人生を歩むために、1文字も見逃さないで読む...

≫続きを読む

 

貯金ゼロで退職したら本当に後悔するのか飲食店長Kが検証してみた

退職を検証 「退職したら後悔するよ!」と世間一般では言われています。退職した経験が無いのにその言葉をそのまま他人に伝える人さえいます。でも、今の仕事はつらい。とにかくつらい。辞めたいけれど退職するのも不安。そんな悩みを抱える人のために、実際に退職した飲食店長Kが何を思ったかをまとめました。私はまったく後悔してい...

≫続きを読む

 

 
記事一覧 プロフィール 問い合わせ