田舎に転勤したくないので退職した話|転勤の無い転職先を探す方法

田舎に転勤したくないので退職した話|転勤の無い転職先を探す方法

 

 

引っ越し中

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

あなたは、

 

転勤したくないけど断ったら退職させられるの?」

 

と不安を抱いていませんか?

 

 

こんにちは。田舎に転勤したくないという理由などで退職した飲食店長Kです。

 

サラリーマンにとって転勤はいつ命じられてもおかしくありません。
ですが、知らない土地で生活するのは不安ですよね。

 

転勤を断れば退職しなくてはならないという噂も聞きます。
が、転勤を断って退職になるかは会社の規定によって変わってきます。

 

 

この記事では

  • なぜ転勤しなくてはならないのか?
  • 転勤を断るデメリット
  • 転勤が無い転職先を探す方法

をわかりやすくまとめています。

 

 

 

 

 

なぜ会社は異動や転勤が好きなのか

人事異動

 

  • マンネリ化と不正防止
  • 人材育成
  • 適材適所への配置

 

多くの企業は「長期間の勤務によるマンネリ化や不正防止」「様々な仕事を与えることによる人材育成」「適材適所を模索する」という目的で人事異動を行っています。

 

会社の利益を追求する上で必要なため、平社員が異動は嫌だと叫んだところで異動や転勤が無くなることはありません。

 

 

 

異動や転勤を断るデメリット、受けるデメリット

異動を拒否

 

転勤を命じられた時、あなたには受けるか断るか2つの選択肢があります。

 

しかし、断るという選択肢を選んだ時には多くのデメリットがあります。

 

 

  • 出世できなくなる
  • 給料が減る
  • 「あいつはやる気がない」と思われて冷遇される
  • 誰もが嫌がる仕事を押し付けられる
  • 5年後には転勤した同期の部下となり命令される
  • 解雇される

 

出世できなくなる

転勤がある会社で転勤を断る場合出世はできません
その会社に居ても給料が上がることが無くなるため、今の年収で満足しているのでなければ退職するか他の収入減が必要です。、

 

給料が減る

飲食店長Kの会社がそうでしたが、転勤を断ると社員としての格付けが落ちる場合があります。
転勤できる社員と比べて数万円の減給になる可能性が高いです。
もちろん転勤しない限り給料が上がる可能性は低いです。

 

「あいつはやる気がない」と思われて冷遇される

人間関係を重視する人には重大な問題です。
あなたの上司は転勤したことがある人のはずです。
転勤した人からすると「あいつは会社のために尽くす気が無い」と判断されて評価が落ちます
重要な仕事を振られなくなったり、面倒な問題ばかりを押し付けられることになります。

 

誰もが嫌がる仕事を押し付けられる

転勤をしないのに転勤者と同じ給料の場合は面倒な仕事を押し付けられる事があります。
転勤しないのだからそれ以外で面倒なことは全部やれ」と考える上司がいたら、誰もやりたがらない仕事を全部押し付けられることでしょう。

 

5年後には転勤した同期の部下となり命令される

転勤しない場合、転勤している同期との出世に差が付きます。
5年もすれば同期が上司となって命令してくるでしょう。10年もたてば後輩が上司になります
自分の方が仕事を知っているのに、いい加減な後輩が上司になると気苦労が絶えません。
「みじめだけれど生活のため仕事が辞められない……」
この段階までくると人生が詰んでやり直すことはできません。

 

解雇される

会社の規則に明記されていて転勤が前提で就職した場合特別な理由がないのに断ると解雇されかねません。
就業規則に明記されていなかったり転職は無いとと言われて入社したのなら解雇される可能性は低いですが、最初から同意して入社した場合は懲戒解雇がありえます。
懲戒解雇された場合、再就職は事実上不可能です。
解雇される前に自主退職するしかありません。

 

 

実は転勤を命令される時は絶好の退職タイミングです。
今の仕事に限界を感じているのなら迷わず転職をしましょう。

 

転勤を命じられたタイミングでスピード退社したいなら3週間前の告知でブラック飲食店を円満退職した店長の記事をご覧ください。

 

 

 

 

転勤を受けるデメリット

 

転勤を断るのはデメリットばかりですが受ける事にもデメリットがあります。

 

  • 都市から田舎に転勤したら車が必須
  • 遠方地域だと生活習慣や人間性が違って慣れるのが大変
  • 方言がきつい地方だと会話がしにくい
  • 給料が減る可能性がある
  • 引っ越し費用がかかる
  • 家族と離れ離れになる

 

都市から田舎に転勤したら車が必須

首都圏や都市部に住んでいる場合、車を持たないでも生活が可能です。
しかし、日本のほとんどの地域では車が無いと生活ができません。
飲食店長Kも転勤経験はありますが田舎で生活するために車を購入するということがありました。
車は維持費だけで年間10万円以上かかるため都市部から転勤する人にとっては大きな出費です。

 

遠方地域だと生活習慣や人間性が違って慣れるのが大変

遠方への転勤となれば生活習慣や人間性が大きく違います。
東京と九州では生活習慣も人間性も全然違いますし、北海道と大阪の人でもかなり差がありました。
人間性については慣れれば何とでもなりますが、生活習慣の違いは時として解決できません。
飲食店長Kの場合も、初めての転勤の時には食べ物が身体に合わず、次の転勤が決まるまでの数年は調子が悪いことが多かったです。
こういった理由もあって転勤はもうしないと決めました。

 

方言がきつい地方だと会話がしにくい

大阪の関西弁など、地域によっては方言があるため会話しにくい時があります。
敬語を使っていれば基本的に会話に困ることはありませんが、接客業の場合はお客さんで方言がキツイ人がいます。
そういった場合に会話で苦労することがありますし、従業員同士でも意味が通じない方言があります。
飲食店長Kの実体験で言えば、「捨てる」という言葉は北海道では「投げる」、近畿地方では「放る(ほる)」と言います。
この程度は可愛いものですが、会話が通じにくいというのは勘違いを引き起こして人間関係を悪化させる要因になります。

 

給料が減る可能性がある

「転勤しないと給料が減るのに、転勤しても減るってどういうこと?」
と思うかもしれませんが、事実です。
会社によっては就業地域によって物価に合わせた手当を出していることがあります。
物価が高い東京から物価が安い北海道に異動した場合、手当の額が減って給料が減ることがあります。
飲食店長Kの会社がそうでした。
実際、転勤場所によっては転勤前よりも給料が減ったので転勤すれば給料が上がるわけではないというのは覚えておきましょう。

 

 

引っ越し費用がかかる

転勤は会社都合ですので引っ越し費用が出ます。
しかし、引っ越しに関わる全ての費用が出ることは稀です。
転勤するにあたって発生する無駄な家賃や引っ越し費用、交通費は出るでしょう。
引っ越しする際に捨てるゴミの費用はどうでしょうか?
引っ越し後にそろえる日用品や家具の費用は?
飲食店長Kの会社はこの費用までは出してくれませんでした。
そのため、引っ越ししたら必ず出費がかさみます。
数万円で済むこともあれば10万以上必要な場合もありました
ただでさえ安い給料なのに転勤のたびに出費がかさんではたまりません。

 

 

家族と離れ離れになる

結婚していた場合に大きなデメリットとなるのが家族と離れてしまうことです。
3年程度で転勤をくり返すのに毎回家族ごと引っ越すわけにはいきません。
年に数回は帰省できるでしょうが、子供には顔を忘れられてしまうかもしれません。
奥さんの負担が増すので離婚の原因にもなります
仕事と家族、どちらを優先するかは転勤前にしっかりと考えましょう。

 

 

 

 

転勤することのメリット

新しい土地に行くことで人生経験を積むことが出来る
というものがあります。
あなたがまだ20代で、様々な土地で経験を積みたいという場合には転勤は向いています。

 

しかし、30代以降の場合は将来を考えると転勤するかどうかしっかりと考えた方が良いでしょう。

 

飲食店長Kは転勤を数回行いましたが、地元近くに戻ってこれたことや住んでいた家が快適だったことなどから、次の転勤の話が来た時に退職することにしました。

 

その時の貯金額はゼロでした。
貯金なしで退職とか怖くないの? と思うかもしれませんが、超不安でしたとも。

 

オススメはしませんが貯金ゼロでもすぐ退職できた飲食店長の記事を参考にすれば生活は可能です。

 

 

転勤を断ると決めて退職するなら早い方がいい

転職準備

 

もし転勤が嫌で退職すると決めたのならすぐに転職先を探しましょう

 

転勤してくれと言われたときに転職先を探し出しても、貯金が無ければ生活費がもちません。
転勤の辞令が出た時すぐに「退職します」と言えるよう、今から転職先を探しておきましょう。

 

転職先探しなら大手のリクナビNEXTがオススメ

 

会社としても、転勤してもらう予定だったのにいきなり退職しますと言われれば「なんだコイツ」となります。
そんなことを思われては退職までの期間に冷たい待遇を受けやすくなりますので、早めの準備が重要です。

 

 

転勤せずに会社に残ろうという場合でも早めに転職準備することをオススメします。
なぜなら、転職しない場合、5年後は同期の社員だけが出世してあなたは命令される立場になります。
「惨めな思いで低年収。こんな状況で一生を無駄にするくらいなら……」と感じて結局は転職するのです
そういった人を私は何度も見てきました。

 

ただ、その頃には40代になっている場合が多いため転職が非常に難しくなっています。
最終的に退職するのだと考えると、今の若いうちに転職しておかなくてはいけません。

 

飲食店長Kのように、30代で「未経験の職種に転職したいけれど不安」という場合でも安心してください。
30代ならまだやり直せます。
最悪の場合は他の飲食店で働くことも検討してみてください。未経験の30代でも転職できるほど飲食店は入りやすい業界ですから簡単に仕事に就けるでしょう。

 

未経験の30代ですら簡単に転職できる対策はガテン系しか経験がない30代未経験が飲食店に簡単に転職する方法で紹介しています。

 

 

転勤拒否による退職理由は自己都合? 会社都合?

退職理由で失敗した男性

 

退職理由はハローワ―クで失業保険を受ける際の重要な要素です。
自己都合とは自分が原因での退職、会社都合とは会社が原因での退職です。

 

会社都合であれば退職した翌月から失業保険が支給されますが、自己都合だと3カ月は貰えません。

 

できるかぎり会社都合にしたいですが、転勤を拒否した場合の会社都合は可能なのでしょうか?

 

転勤拒否による退職が会社都合かどうかは会社の規則で決まります

 

会社の就業規則に「転勤がある」と明記されていた場合や、入社時に転勤があることを前提として就職した場合は会社都合とはなりません。

 

しかし、就業規則に明記されておらず、会社からも転勤は無いと言われていたのであれば会社都合にすることが可能みたいです。

 

厳密な基準は近くのハローワークで聞くと良いでしょう。

 

パワハラやセクハラなどで退職した場合や、会社の嫌がらせによる転勤命令の場合も会社都合にできた例があるそうです。
少しでも早く失業保険を貰いたいならまずはハローワークで聞いてみてください。

 

 

転勤が無い会社の探し方

転職に成功

 

退職を決めたとしてもどうやって転職先を探せばいいのかは迷いますよね。

 

まず、ハローワークはあまりオススメしません
ハローワークには無料で求人を載せられるので、資金力に乏しいブラック企業は有料の転職サイトではなくハローワークに載せたがることでしょう。

 

次にコネや引き抜きによる転職ですが、これは人脈が無ければ成り立ちません。
ここを読んでいるということはこのルートで転職できる可能性は無い人ばかりでしょう。

 

となれば転職サイトで探す必要があります。
しかし転勤があるのかないのかは転職サイトにはほぼ載っていません
転勤がしたくないから退職するのに転職先が転勤ありだと本末転倒です。
自力で探す場合には面接で聞く以外に転勤の有無を判別するのは難しいでしょう。

 

そういった場合に役立つのが転職支援のプロである転職エージェントです。
彼らは無料であなたの転職を支援してくれる人たちで、転職先の企業についても詳しい情報を持っています。

 

転勤がない会社を自分で探すのは困難ですが、「転勤のない会社」という条件で転職エージェントに探してもらえば希望に沿った求人を教えてくれるはずです。

 

転職エージェントの中でも実績NO.1なのがリクルートエージェントです。

 

リクルートエージェントなら履歴書の書き方や面接指導のほか、優良すぎて一般には公開されていない非公開求人も取り扱っています。

 

「転勤が決まってから転職先を探せばいいや」
と思っているのなら甘すぎます。

 

転勤直前から慌てて準備をしたら時間が無いので良い転職先が見つからなくなります。
今後の人生を託す会社なのですからじっくりと吟味して探すべきです。

 

また、転勤を言い渡されたときに精神的に追い詰められていたら転職するのが面倒になってそのまま転勤を受け入れてしまいます。
事前に調べておいて「転職」という選択肢を準備しておけば、いざという時に選べる項目が増えるので心理的負担が減ります。

 

リクルートエージェントは登録から転職完了まですべて無料で利用できます。
今のうちから登録しておけばいざという時にすぐに動けることでしょう。

 

 

>>リクルートエージェントの無料登録はコチラ

 

 

 

 

シェアしてくれてありがとう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

飲食業界は安泰! 社員の将来性は真っ暗! 飲食店長Kが語る真実

将来性が無いと気づく店長 どうも、飲食業での店長経験がある飲食店長Kです。飲食業の店長をしていると、自分の将来性に不安を抱きますよね。私は20代の頃はプライベートを犠牲にして会社に尽くしていましたが、30代前半の頃に「この会社にこれ以上いたら人生詰むのでは?」と感じて転職を決意しました。結論から言えば、飲食業界の社員に将来性...

≫続きを読む

 

田舎に転勤したくないので退職した話|転勤の無い転職先を探す方法

引っ越し中 あなたは、「転勤したくないけど断ったら退職させられるの?」と不安を抱いていませんか?こんにちは。田舎に転勤したくないという理由などで退職した飲食店長Kです。サラリーマンにとって転勤はいつ命じられてもおかしくありません。ですが、知らない土地で生活するのは不安ですよね。転勤を断れば退職しなくてはならない...

≫続きを読む

 

転職を親に言わなかったら後悔するけどそれでも私が相談しない理由

親に転職を相談できず後悔 今の仕事を辞めると決めた時、「仕事を辞めることを親に言うべきだろうか」と悩みませんか?飲食店長Kは退職すると決めてから何度か悩みました。「内緒にして転職活動をしても大丈夫だろうか?」「リスクが高い転職なので反対されたらどうしよう」と考える人のためにこの記事では以下のことをまとめました。転職することを...

≫続きを読む

 

【経験者】飲食の雇われ店長を辞めたい|転職失敗しないための対策

激務に我慢できない店長 あなたは繁忙期であるゴールデンウィークに実働15時間で3週間休みなしでワンオペまでこなしたことはありますか?私はあります。激務である飲食業界の中では、この程度の勤務で済む飲食店は恵まれているほうでしょう。店長であれば大量の事務作業やスタッフの教育なども加わり、激務という言葉で片付けたくないくらいの状...

≫続きを読む

 

飲食店の雇われ店長による転職で辞める最適タイミングと切り出し方

転職サイト 飲食店の雇われ店長といえば店舗の責任者ですから、引継ぎすることを考えるとすぐに辞めるわけにはいきません。しかし、近いうちには退職しようと決めている。そんな場合、辞めるタイミングをいつにするか、何カ月前に退職を伝えるかで悩みますよね。退職を伝えるタイミングは辞める何カ月前が良いのか?上司にはいつ退職を...

≫続きを読む

 

貯金ゼロの30代飲食店長でも会社をすぐ辞める事ができたのでまとめた

非常口 「飲食店の店長なんて今すぐ辞めたいけど貯金が無い……」こんな悩みをあなたは抱えていませんか?飲食店の雇われ店長は長時間労働の割に年収が低いため貯金がすぐには貯まりません。上司やアルバイトとの人間関係でも悩みやすく「もう辞めたい」なんて思うことは一度や二度では無いでしょう。30代の飲食店長では貯金が無...

≫続きを読む

 

ブラック飲食店の店長が3週間前の告知で円満退社できたので辞め方を書く

転職サイト 「ブラック飲食店で円満退社とか無理じゃね?」と思っていませんか?私こと飲食店長Kは、週休0日や1日15時間労働があるブラック飲食店に勤めていました。有給休暇なんて取れる雰囲気ではなく、転勤時の日数穴埋めくらいでしか取得できませんでした。繁忙期だったため上司に退職を伝えるのが最終出勤日の3週間前という...

≫続きを読む

 

次の仕事が決まらないのに「転職します」と言って辞めた飲食店長の体験談

転職サイト 「次の仕事が決まっていないのに今すぐ退職したい!」飲食店で働いていたらこんな気持ちになることがあります。次の仕事が決まっていなくて苦労するかもしれないがそれでも今すぐに辞めたい。そんなあなたのため転職先を決めずに辞めるメリットやデメリットをまとめました。仕事を決めずに退職した飲食店長Kによる体験を踏...

≫続きを読む

 

【有給】飲食店長の退職時に損しないための防衛策|40万円の損失回避

給料 退職時に会社の言いなりになっていると損をすることがあります。損をしないためには退職時には適切な対処をしなくてはなりません。円満退職したい人だと強く言えないこともあるでしょう。しかし、自己防衛をしないと40万円以上の損失になることもあります。この記事では退職時に40万円の損失を回避する方法退職時にやら...

≫続きを読む

 

【男性向け】飲食からアパレルへの転職は有利? 両者の違いを学べ!

アパレル店員 女性ばかりの職場でモテたい本当はアパレルで働きたい最新のブランド服を着て仕事がしたいお客さんをさばく感じの飲食店の接客では物足りない唐突ですが、あなたは飲食店で働くことに満足していますか?飲食店はアルバイトならともかく社員として働くには収入や体力面で将来が不安ですよね。制服もよく汚れるし、服装に気を...

≫続きを読む

 

30代で飲食店長から営業職に未経験で転職したら年収が増えてヤバイ

札束 「30代の飲食店長から未経験で営業に転職したい」こんな考えを持つ人は多いようです。飲食店長は激務・長時間労働・休みなしが多いですが、営業職はどうなのでしょうか?年収を増やしたい人や、やりがいを求めるなら営業職が向いています。ただ、激務と言われるの覚悟が必要です。といっても飲食店長ほど激務で休みが無い...

≫続きを読む

 

未経験で工場勤務に向いてるのはどんな人|接客嫌いの飲食店長に最適!

工場勤務 「飲食店の店長なんだけど接客が苦手なので転職したい」そう思っているのはあなただけではありません。飲食業界は将来性も暗いのでもっと楽で接客が無い業界に転職したいですよね。接客嫌いの店長にピッタリなのが工場勤務です。しかし、30代で未経験でも工場で働けるのか気になりますよね。この記事では接客に疲れた飲食...

≫続きを読む

 

【騙されるな】30代飲食店長が投資とネット副業を2年間継続して痛感した現実

田んぼにお札 「仕事が忙しすぎて時間が無いけど副業がしたい」という30代の飲食店長は多いでしょう。飲食店を本業としていても将来的に給料が上がる見込みが薄く、体力的には40代で現場仕事に耐えられなくなります。休日が不規則な上に急な呼び出しもある飲食店長が副業をするのは困難です。しかし、家でもできる副業なら可能です。...

≫続きを読む

 

正社員に転職したけど半年で退職したい|辞めるべき? 続けるべき?

OKかNGか 「転職して半年で退職したいんだけど大丈夫?」と心配な30代に向けてこの記事を書きました。やっと見つけた転職先なのに、人間関係が悪かったり、仕事がきつくて辞めたいなんてことになっていませんか?辞めてもいいですが、決断する前に考えることがあります。あなたが幸せな人生を歩むために、1文字も見逃さないで読む...

≫続きを読む

 

貯金ゼロで退職したら本当に後悔するのか飲食店長Kが検証してみた

退職を検証 「退職したら後悔するよ!」と世間一般では言われています。退職した経験が無いのにその言葉をそのまま他人に伝える人さえいます。でも、今の仕事はつらい。とにかくつらい。辞めたいけれど退職するのも不安。そんな悩みを抱える人のために、実際に退職した飲食店長Kが何を思ったかをまとめました。私はまったく後悔してい...

≫続きを読む

 

 
記事一覧 プロフィール 問い合わせ