貯金ゼロの30代飲食店長でも会社をすぐ辞める事ができたのでまとめた

貯金ゼロの30代飲食店長でも会社をすぐ辞める事ができたのでまとめた

 

 

今すぐ飲食店を辞める

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

飲食店の店長なんて今すぐ辞めたいけど貯金が無い……」

 

こんな悩みをあなたは抱えていませんか?

 

飲食店の雇われ店長は長時間労働の割に年収が低いため貯金がすぐには貯まりません。
上司やアルバイトとの人間関係でも悩みやすく「もう辞めたい」なんて思うことは一度や二度では無いでしょう。

 

30代の飲食店長では貯金が無いと会社を辞められないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

飲食店以外が未経験の30代店長でも貯金ゼロで会社を今すぐ辞められます。

 

 

この記事では

  • 貯金ゼロでも飲食店を今すぐ辞めるべき理由
  • 貯金ゼロで転職先が決まっていない30代飲食店長が今すぐ辞めるために必要なこと
  • ブラック企業を避けて転職するための対策

をわかりやすくまとめています。

 

 

 

 

 

貯金ゼロで30代店長でも飲食店を今すぐ辞めるべき理由

貯金ゼロ

 

  • 飲食の現場で一生働くのは無謀
  • 年収が低すぎる
  • 労働条件は今後さらに悪化する
  • 転職するなら早い方が良い
  • 日本では貯金が無くても意外と何とかなる
  • アルバイトはすぐ辞めるが負担はすべて自分に来る

 

 

 

飲食の現場で一生働くのは無謀

飲食店の現場で働くのは体力的に40代前半が限界です。
40代で飲食店の過酷な労働環境で働くのは地獄でしかなく、よほどの覚悟が無ければ退職してしまいます。

 

年収が低すぎる

飲食店長K店長時代の年収は295万円です。年齢によって10年で20万円くらいは増えますが20代から働き始めて40代でも年収330万と考えたら割に合いませんん。

 

労働条件は今後さらに悪化する

飲食業界は年々人手不足が深刻化しています。
人手不足が深刻化すれば社員1人に与えられる業務量が増加していきます。
現在の飲食店長1人が抱える作業量は10年や20年前と比べると非常に複雑化しています。
作業量も増加する一方なので10年後は今よりも労働環境が悪化すると推測されます。

 

転職するなら早い方が良い

転職は35歳を超えると不利です。
30代前半であれば今すぐ準備をしなければ転職に失敗してしまうかもしれません。
飲食店長Kの経験では転職を長引かせるほど辞めにくくなります。
飲食店はアルバイトがすぐ辞めるので人手不足になりやすく、急に大量の人員が居なくなると辞めるに辞められない状況になります。

 

「今やめると人不足で迷惑がかかる」

 

「もう少しお店が安定してから」

 

なんて考えで働き続けて1年や2年を無駄に過ごすのです。

 

辞めるなら今すぐです。

多少の人手不足でも企業は意外と何とかしてくれます。

 

迷惑がかかるからまだ辞められないと思っていませんか?

 

転職を考える人が働き続ける方が企業には迷惑です。
辞めよう辞めようと考えている店長に任せるより、若手のやる気がある社員に店長をやらせたいというのが本音です。

 

あなたが抜けても大丈夫なんですよ。

 

どうしても納得がいかないというのであれば、次の異動の時にすぐ辞めましょう。
ただし、異動が2年や3年後だった場合、あなたは人生で大きな時間的損失を受けることになります。

 

 

上司や会社に嫌われずに退職する方法を知りたい人は飲食店の雇われ店長による転職で辞める最適タイミングと切り出し方をご覧ください。

 

 

日本では貯金が無くても意外と何とかなる

失業したとしても日本では意外と生きていけます。
年金は全額免除が受けられます。
自己都合で退職した場合には失業保険の給付は退職3カ月後からですが、そこから3カ月間分の生活費は何とかなります。
問題は健康保険ですが、これも失業期間であれば減額や分割が可能です。

 

未経験でも雇ってくれる住み込みバイトなどもありますし、短期のバイトをするのも良いでしょう。
自治体が無利子で貸してくれる制度もありますので、貯金ゼロだとしても生きていく方法は意外とあるのです。

 

 

すぐ辞めるアルバイトの負担はすべて店長に来る

飲食店はアルバイトがすぐ辞めていきます。
アルバイトが辞めれば負担は社員であるあなたにかかってきますよね。
飲食業でアルバイトが辞めることは珍しくなく、そのたびに苦しむなんて馬鹿らしいと思いませんか?

 

店長まで勤め上げた人なら「それが仕事だ」と思うでしょう。
私もそうでした。

 

ですが、他業界から見ると異常です。

 

あなたが飲食業界が好きで一生を費やすというのなら止めません。
ですが、まっとうな人生を生きたいと考えるのなら異常に慣れるのだけはやめましょう。

 

※アルバイトを叱れなくてマネジメントに困っている人には「わがままバイトを叱れなかった飲食店長が現場で成功した唯一のマネジメント術」という記事をオススメしています。

 

 

飲食店でも最低3年は働くべきなのか

3年待ってはダメ

 

「辞めるのは3年は我慢しろ」

 

とよく言われます。

 

「そんなもの知るか!」

 

と返してあげましょう。

 

飲食店で辞めたいのに3年我慢するのはデメリットが大きいです。

 

1年なら我慢して働く価値はありますが、3年を費やす意味はありません。

 

 

とはいえ、

 

「今すぐ辞めたいけど金がない!」

 

という人は多いでしょう。

 

飲食店長Kも貯金ゼロで辞めたくても辞められない状況でした。

 

が、結局は辞めることにしました。

 

貯金ゼロで退職するよりもこのまま飲食店にいるリスクの方が高いと判断したからです。

 

飲食店での将来のリスクについては「飲食業界は安泰! 社員の将来性は真っ暗! 飲食店長Kが語る真実」で詳しくまとめています。

 

 

 

転職先を決めずに貯金ゼロの30代店長が今すぐ飲食店を辞める方法

転職サイト検索

 

ここでは、貯金ゼロで30代の飲食店長Kがすぐに店を辞めてどう生活したのかについて書きます。

 

退職前にしかできないことは見逃すな

  • 有給休暇の消化
  • 退職日の決定
  • 社会保険・年金・雇用保険の喪失
  • クレジットカードを作る

 

 

有給休暇の消化

有給は絶対に全部消化しましょう。辞める会社に遠慮する必要はありません。
円満退社ができないのではと心配するかもしれませんが、有給が40日あれば40万円以上のお金になります。
貯金ゼロなのに40万ものお金をドブに捨てるという選択肢はありえません。
有給消化以外にも退職時に損をしないための対策がたくさんあります。詳しい情報は「退職時に損をしないための対策記事」をご覧ください。

 

 

退職日の決定

失業保険はハローワークに申請してから3カ月後です。
申請するには離職票が必要ですので退職日を可能な限り早く設定することで失業保険の給付を早めましょう。

 

有給休暇の消化は1ヵ月に詰め込んで、退職日は可能な限り早くします。
法定休日である4日の休みを確保していれば他は全部有給休暇で埋めることができるようです。
40日の有給があったとしても1カ月半で消化できるので最終日を退職日にしましょう。

 

 

社会保険・年金・雇用保険の喪失

社会保険、年金、雇用法権の喪失手続きが必要です。
基本的には有給消化最終日を退職日にすれば同じ日に喪失することになります。

 

 

クレジットカードを作る

貯金ゼロのあなたにとって死活問題となる要素です。
貯金が無いのなら、退職前に必ず1枚だけクレジットカードを作ってください。
複数枚を同時に作ると審査が通らなくなるので1枚だけで良いです。
キャッシングはありにして、退職後に使えるようにしましょう。
クレジットカードは無職では作れません。会社員という立場を利用して今のうちに作りましょう。
支払いをクレジットにすることでポイントが付きますし、最悪の場合は1カ月だけ生活費を前借りすることが出来ます。

 

 

 

退職直後には重要な作業ばかり

 

退職直後にはすぐに行わないといけない作業があります。

 

  • 離職票を手に入れたら即座に失業保険を申請
  • 社会保険を継続するか、国保にするか選ぶ
  • 年金の全額免除申請

 

離職票を受け取ったらすぐにハローワークで失業保険の申請を行ってください。
申請日から3ヵ月なので、早ければ早いほど良いです。

 

次に、企業によっては社会保険を2年間継続することが出来ます。
ただし、今まで企業が払っていた分も払うことになりますので、会社員時代の約2倍の金額になります。
役所に行って国保にした時の保険料を確認して社保と国保で安い方を選びましょう。
社会保険の継続の場合は、退職から2週間以内に申請しなくてはいけませんのですぐ行動しましょう。

 

年金は無職であれば全額免除が可能です。
退職したらすぐに年金事務所に連絡して免除申請を行いましょう。

 

 

 

失業保険が貰えるまでの3カ月をどうしのぐか

貯金ゼロで辞める時の最大の課題です。

 

飲食店長Kは魔の3カ月をしのぐために以下の準備を行いました。

 

 

  • 家のものを売る
  • 治験をする
  • 短期バイトをする
  • 生活福祉資金貸付制度を利用する
  • クレジットカードの返済までの期間を利用して1カ月しのぐ
  • キャッシングを利用する

 

 

家のものを売る

家に不要なものがあればメルカリやヤフオクで売ってしまいましょう。
全部売れば数千円〜数万円くらいのお金ができる事が多いです。

 

治験をする

都市部に住んでいる場合は大きな収入源となるのが治験です。
治験は危険なイメージを抱く人が多いですが、そもそも生活費が無ければ死ぬという状況でそんなこと言ってられませんでした。
実際は危険とは程遠く、手厚く対応してもらえます。
最大の利点は治験のお金は即座にもらえることです。
給料ではなくボランティアによる報酬という扱いのため手渡しも多く、源泉徴収がされず全額が収入となります(翌年の確定申告で申請が必要な場合があるので注意)。

 

短期バイトをする

飲食店をやめてバイトをするのは本末転倒に思えますが、前職をすぐに辞めたいと思ったのだから仕方ありません。
多くは給料が翌月支給ですが、一刻も早く生活費がほしいなら日雇いで頑張りましょう。
確実性が高い収入源なので他の方法でお金が足りない時の最終手段になります。

 

生活福祉資金貸付制度を利用する

失業した場合、自治体から無利子で借りることが可能です。
ただし保証人が必要ですので、失業に対して家族などの理解がある場合でないと利用できません。
飲食店長Kの場合は家族から理解を得られると思えなかったのでこの制度は利用できませんでした。
クレジットカードやキャッシングを利用するくらいならこの制度を使った方が断然良いです。

 

クレジットカードの返済までの期間を利用して1カ月しのぐ

支払いはすべてクレジットカードにしてポイントを貯めましょう。
持っていないならポイントがたまりやすい楽天カードがオススメです。
翌月に収入が入る確信がある場合は、クレジットカードで支払って翌月まで支払いを持ち越すことが可能です。
ただし、支払できなかったときはブラックリストに載って一生ローンなどができませんので高リスクと覚えておいてください。
リボ払いや分割払いは避けてすべて一括払いにして支払い手数料は無料にしましょう。

 

キャッシングを利用する

クレジットカードにはキャッシング機能もつけることができます。
高利子なので可能な限り利用は避けましょう
失業保険のお金だけで利子まで払うのは困難です。
来月にはお金が入るけど今月はこのままだと死ぬというような他の手段がどうしても無理だった時しか使えない超ハイリスクな手段として考えておいてください。

 

 

貯金ゼロの場合、3カ月をしのいだとしても失業保険は退職6カ月までに切れます。
とにかく6か月以内に転職先を決める必要がありますので覚えておいてください。

 

 

半年以内に何としても転職したい30代には「半年以内に死に物狂いで転職するための記事」が参考になります。

 

ブラック企業を避けて転職先を探す方法

ホワイトに転職した男性

 

転職先は早めに決めたいけれどブラック企業は絶対に避けたいですよね。
でなければ、飲食店長を辞めた意味がない。

 

ブラック企業を避けるにはハローワークではダメです。
ハローワークの求人募集は無料で出せるのでブラック企業が簡単に求人募集をかけられます。

 

オススメの転職探しの方法は非公開求人です。

 

一般に公開されていない求人の事で、優良すぎて募集倍率が高くなる求人などが当てはまります。

 

大手転職支援サイトであるリクナビNEXTであれば非公開求人が8割を占めています。

 

仕事を辞める前から無料登録しておけば、ブラック企業を避けて転職できるチャンスが増えます。

 

ブラックな飲食店を辞めたのにまたブラックに転職……なんてことにならないよう転職サイトは非公開求人を多く取り扱っているところを選びましょう。

 

 

 

 

シェアしてくれてありがとう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

飲食業界は安泰! 社員の将来性は真っ暗! 飲食店長Kが語る真実

将来性が無いと気づく店長 どうも、飲食業での店長経験がある飲食店長Kです。飲食業の店長をしていると、自分の将来性に不安を抱きますよね。私は20代の頃はプライベートを犠牲にして会社に尽くしていましたが、30代前半の頃に「この会社にこれ以上いたら人生詰むのでは?」と感じて転職を決意しました。結論から言えば、飲食業界の社員に将来性...

≫続きを読む

 

田舎に転勤したくないので退職した話|転勤の無い転職先を探す方法

引っ越し中 あなたは、「転勤したくないけど断ったら退職させられるの?」と不安を抱いていませんか?こんにちは。田舎に転勤したくないという理由などで退職した飲食店長Kです。サラリーマンにとって転勤はいつ命じられてもおかしくありません。ですが、知らない土地で生活するのは不安ですよね。転勤を断れば退職しなくてはならない...

≫続きを読む

 

転職を親に言わなかったら後悔するけどそれでも私が相談しない理由

親に転職を相談できず後悔 今の仕事を辞めると決めた時、「仕事を辞めることを親に言うべきだろうか」と悩みませんか?飲食店長Kは退職すると決めてから何度か悩みました。「内緒にして転職活動をしても大丈夫だろうか?」「リスクが高い転職なので反対されたらどうしよう」と考える人のためにこの記事では以下のことをまとめました。転職することを...

≫続きを読む

 

【経験者】飲食の雇われ店長を辞めたい|転職失敗しないための対策

激務に我慢できない店長 あなたは繁忙期であるゴールデンウィークに実働15時間で3週間休みなしでワンオペまでこなしたことはありますか?私はあります。激務である飲食業界の中では、この程度の勤務で済む飲食店は恵まれているほうでしょう。店長であれば大量の事務作業やスタッフの教育なども加わり、激務という言葉で片付けたくないくらいの状...

≫続きを読む

 

飲食店の雇われ店長による転職で辞める最適タイミングと切り出し方

転職サイト 飲食店の雇われ店長といえば店舗の責任者ですから、引継ぎすることを考えるとすぐに辞めるわけにはいきません。しかし、近いうちには退職しようと決めている。そんな場合、辞めるタイミングをいつにするか、何カ月前に退職を伝えるかで悩みますよね。退職を伝えるタイミングは辞める何カ月前が良いのか?上司にはいつ退職を...

≫続きを読む

 

貯金ゼロの30代飲食店長でも会社をすぐ辞める事ができたのでまとめた

非常口 「飲食店の店長なんて今すぐ辞めたいけど貯金が無い……」こんな悩みをあなたは抱えていませんか?飲食店の雇われ店長は長時間労働の割に年収が低いため貯金がすぐには貯まりません。上司やアルバイトとの人間関係でも悩みやすく「もう辞めたい」なんて思うことは一度や二度では無いでしょう。30代の飲食店長では貯金が無...

≫続きを読む

 

ブラック飲食店の店長が3週間前の告知で円満退社できたので辞め方を書く

転職サイト 「ブラック飲食店で円満退社とか無理じゃね?」と思っていませんか?私こと飲食店長Kは、週休0日や1日15時間労働があるブラック飲食店に勤めていました。有給休暇なんて取れる雰囲気ではなく、転勤時の日数穴埋めくらいでしか取得できませんでした。繁忙期だったため上司に退職を伝えるのが最終出勤日の3週間前という...

≫続きを読む

 

次の仕事が決まらないのに「転職します」と言って辞めた飲食店長の体験談

転職サイト 「次の仕事が決まっていないのに今すぐ退職したい!」飲食店で働いていたらこんな気持ちになることがあります。次の仕事が決まっていなくて苦労するかもしれないがそれでも今すぐに辞めたい。そんなあなたのため転職先を決めずに辞めるメリットやデメリットをまとめました。仕事を決めずに退職した飲食店長Kによる体験を踏...

≫続きを読む

 

【有給】飲食店長の退職時に損しないための防衛策|40万円の損失回避

給料 退職時に会社の言いなりになっていると損をすることがあります。損をしないためには退職時には適切な対処をしなくてはなりません。円満退職したい人だと強く言えないこともあるでしょう。しかし、自己防衛をしないと40万円以上の損失になることもあります。この記事では退職時に40万円の損失を回避する方法退職時にやら...

≫続きを読む

 

【男性向け】飲食からアパレルへの転職は有利? 両者の違いを学べ!

アパレル店員 女性ばかりの職場でモテたい本当はアパレルで働きたい最新のブランド服を着て仕事がしたいお客さんをさばく感じの飲食店の接客では物足りない唐突ですが、あなたは飲食店で働くことに満足していますか?飲食店はアルバイトならともかく社員として働くには収入や体力面で将来が不安ですよね。制服もよく汚れるし、服装に気を...

≫続きを読む

 

30代で飲食店長から営業職に未経験で転職したら年収が増えてヤバイ

札束 「30代の飲食店長から未経験で営業に転職したい」こんな考えを持つ人は多いようです。飲食店長は激務・長時間労働・休みなしが多いですが、営業職はどうなのでしょうか?年収を増やしたい人や、やりがいを求めるなら営業職が向いています。ただ、激務と言われるの覚悟が必要です。といっても飲食店長ほど激務で休みが無い...

≫続きを読む

 

未経験で工場勤務に向いてるのはどんな人|接客嫌いの飲食店長に最適!

工場勤務 「飲食店の店長なんだけど接客が苦手なので転職したい」そう思っているのはあなただけではありません。飲食業界は将来性も暗いのでもっと楽で接客が無い業界に転職したいですよね。接客嫌いの店長にピッタリなのが工場勤務です。しかし、30代で未経験でも工場で働けるのか気になりますよね。この記事では接客に疲れた飲食...

≫続きを読む

 

【騙されるな】30代飲食店長が投資とネット副業を2年間継続して痛感した現実

田んぼにお札 「仕事が忙しすぎて時間が無いけど副業がしたい」という30代の飲食店長は多いでしょう。飲食店を本業としていても将来的に給料が上がる見込みが薄く、体力的には40代で現場仕事に耐えられなくなります。休日が不規則な上に急な呼び出しもある飲食店長が副業をするのは困難です。しかし、家でもできる副業なら可能です。...

≫続きを読む

 

正社員に転職したけど半年で退職したい|辞めるべき? 続けるべき?

OKかNGか 「転職して半年で退職したいんだけど大丈夫?」と心配な30代に向けてこの記事を書きました。やっと見つけた転職先なのに、人間関係が悪かったり、仕事がきつくて辞めたいなんてことになっていませんか?辞めてもいいですが、決断する前に考えることがあります。あなたが幸せな人生を歩むために、1文字も見逃さないで読む...

≫続きを読む

 

貯金ゼロで退職したら本当に後悔するのか飲食店長Kが検証してみた

退職を検証 「退職したら後悔するよ!」と世間一般では言われています。退職した経験が無いのにその言葉をそのまま他人に伝える人さえいます。でも、今の仕事はつらい。とにかくつらい。辞めたいけれど退職するのも不安。そんな悩みを抱える人のために、実際に退職した飲食店長Kが何を思ったかをまとめました。私はまったく後悔してい...

≫続きを読む

 

 
記事一覧 プロフィール 問い合わせ