【飲食店長K】底辺ブラックな飲食店社員の知られざるメリットを暴露!

【飲食店長K】底辺ブラックな飲食店社員の知られざるメリットを暴露!

 

 

楽して高年収の飲食店社員

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

飲食店社員ってブラックでメリットは無いって聞くんだけど……」

 

こんな不安を抱いて飲食店社員への転職をためらっていませんか?

 

確かに飲食店の社員はブラックです。
これ以上のブラック業界なんて滅多に無いでしょう。

 

しかし、飲食店にはブラックを上回るメリットがあります。

 

メリットを活かせば将来はホワイトな環境で高年収を得ることができます。

 

この記事では

  • ブラックと呼ばれる飲食業界の実態
  • 店長まで成り上がらないとわからない飲食店社員のメリット
  • 飲食店のアルバイトと正社員はどちらがお得か
  • 飲食店の正社員で成功する方法
  • 飲食店の正社員になる2つの方法

をわかりやすくまとめています。

 

 

飲食店社員というのは調理職でない限り店長候補として採用されますので、この記事では社員=店長職で語ります。
調理職の正社員では記載するメリットは得られませんので注意してください。

 

 

 

 

 

底辺と呼ばれる飲食店社員のデメリット

底辺でブラックな飲食店社員

 

飲食店社員として働く上で避けては通れないデメリットがあります。

 

 

  • 忙しいときは長時間労働
  • 残業代が出ない可能性
  • 転勤がある
  • スタッフを統率する大変さ

 

 

忙しいときは長時間労働

飲食店では社員1人に対してアルバイトが20人いる店が多いです。
店舗に店長以外に社員が在籍していないこともあります。

 

ですので、繁忙期でアルバイトの休みが重なると社員が現場に出続けなければいけません。
1日に15時間労働、週休0日もよくあります。

 

この状況を指してブラック環境だという人が多いですが、改善策がいくつかあります。
繁忙期でも問題が無い人数のアルバイトを雇うか、フルタイムのフリーターでシフトを固めることで繁忙期でも積極的に出勤してもらうという方法です。
人数を増やすのは人件費がかかるため難しいですが、フルタイムのアルバイトでシフトを固めることは多くの飲食店でできます。
飲食店長Kがいた店舗ではフルタイムスタッフの採用に多少の制限はあったものの、フルタイムのアルバイトで固めた時間帯は繁忙期でも社員が長時間労働をすることはありませんでした。
長時間労働や週休0日は工夫次第で回避が可能です。

 

詳しくは「飲食店長でも長時間労働しないための対策」記事で紹介しています。

 

 

残業代が出ない可能性

飲食店長Kがいた飲食店では、残業代は出ませんでした
サービス残業ではなく、管理職として一定の金額が支払われる代わりに残業代が出ないというシステムです。

 

このシステムは、「名ばかり管理職問題」としてよく問題になりますが使い方によっては労働者側が有利になります。
残業代を含めて一定の金額が支払われているのですから、残業するほど損をする代わりに残業を全くしなければ得をする制度なのです。

 

実際、飲食店長Kはシフトや仕事の効率化を徹底的に進めた結果、年間の半分以上の月で残業時間を10時間以内に収めることに成功しています。
これにより毎月の管理職手当4万円が10時間以内の労働で手に入りました。
時給4000円以上です。

 

「そんなホワイトな環境の企業じゃないよ……」
と言いたいかもしれませんが、私も店長になった当初は月間60時間以上の残業を平気でやっていました。
店長経験を重ねて実績を残せるようになれば、残業時間を削減しても文句は言われません。

 

会社の方針や上司の考え方によっては残業しないと圧力を受けるかもしれません。
そのような企業や上司には将来性がありませんのでこちらから見限ることも必要です。

 

 

 

転勤がある

チェーン店の飲食店で社員になる場合、必ず転勤があります。

 

「地元を出たくない」「新しい環境でやっていけるか不安」
というのは誰もが抱える悩みです。
ですが、今の環境に不満があるならむしろチャンスです。

 

新しい環境というのは思ったほど辛いものではありません。
引っ越してみると、地元には無かったものばかりで目新しい発見があります。

 

  • 札幌なら海産物やラーメンなどがおいしいです。
  • 東京に行けば欲しい物は何でも揃います。
  • 名古屋では手羽先やひつまぶし、
  • 大阪ではたこ焼きやお好み焼きなども魅力的です。

 

食べ物ばかりですみませんが地元では絶対にできない経験が転勤によってできます。

 

特に若いうちはどんどん転勤するべきです。
せっかく引っ越し代を会社が払ってくれるのですから、今のうちに様々な街を見て、多くの人と接しておきましょう。
30代や40代になった時、その経験は必ず役に立ちます。

 

 

 

スタッフを統率する大変さ

飲食店の社員が特に苦労するのがアルバイトスタッフの統率です。
飲食店では社員が自分1人なのにアルバイトは20人なんてことがよくあります。
権限があるとはいえ、アルバイトが結託すれば店長だろうと無視されます。

 

スタッフの統率するための答えは一つではありません。
何度も何度も失敗を繰り返しながら学んでいくのです。

 

飲食店長Kがこれから社員を目指す人にアドバイスをするのなら2つだけです。

 

人格者を目指せ
常に真摯に接すること

 

この2つを守る限り、アルバイトが結託して反抗してくるような事にはならないでしょう。
店長として3年もアルバイトを統率していれば、他の業種では得られない人心掌握スキルを20代で習得することが出来ます。

 

気が弱くてスタッフの管理が心配という人は「飲食店長Kが成功した独自のマネジメント術」記事を参考にしてください。

 

 

一般には知られていない飲食店店長のメリット

飲食店社員として大成功した男性

 

飲食店の社員は長時間労働や低年収といったデメリットばかりがピックアップされますが、店長には大きなメリットがあることは知られていません。

 

なぜなら飲食店長のメリットはアルバイトや一般社員では知ることが出来ないからです。

 

 

飲食店長のメリット
  • 休みや出勤時間が比較的自由
  • アルバイトと恋愛できる
  • 他人のお店なのに好きに運営できる。経営を学べる
  • 接客能力が格段に上がる
  • 本社勤務となればホワイトで高年収
  • 出世が早いので人生経験を積める
  • 平日休みは利点
  • 40代未経験でも接客業なら転職できる

 

休みや出勤時間が比較的自由

人手不足の時期やアルバイトの教育が不十分だと休日でも呼び出しがありますが、しっかりと教育してシフトコントロールがができていれば休みは自由に取れます。
狙った日に3連休や4連休もとれるため、他人に拘束されず長期休みをとることも可能です。
飲食店長Kが居た企業では毎月4〜5連休を取って旅行をしていた店長もいました。

 

 

アルバイトと恋愛できる

人望のある店長はモテます。
どのくらいモテるかと言えば、入れ食い状態ということもあるようです。
最近ではセクハラと紙一重なので手を出す人は減りましたが、20年前であれば店長がアルバイトの女の子数人と関係を持っていたなんてことが普通にありました。

 

飲食店長の恋愛事情についてはこちらの記事でも紹介しています。

 

 

他人のお店なのに好きに運営できる。経営を学べる

雇われ店長というのはデメリットばかりではありません。
他人のお店を比較的自由に運営できるのは大きなメリットです。
何をすれば儲かるのかを研究したい人や将来は独立して飲食店を開業したい人にとっては絶好の修業場です。

 

 

接客能力が格段に上がる

店長ともなればクレーム処理は日常業務の一つです。
接客経験がない人には信じてもらえないようなクレームも多く、それらを解決しないといけないのが飲食店長です。。
そのため、多くの店長は並のクレームであればほぼ正解と思える答えを持っています。
初体験のクレームだとしても8割くらいは過去の経験からベターな回答を導き出せます。
クレーム処理には人間性や常識が必要です。
常識が無いと言われた飲食店長Kでさえ、店長を数年やっただけで非常識と言われることはなくなりました。
若いうちに人生経験を積みたいという場合にはこれらの経験は役に立つでしょう。

 

 

本社勤務になればホワイトで高年収

飲食店で働いたことが無い人や、アルバイト・一般社員しか経験したことが無い人は知らないメリットがあります。
本社勤務がホワイトで高年収であるということです。

 

店長から出世して本社勤務になった場合年収は大きく上がります
現場から離れるため突然呼び出される心配もありません。
仕事内容は楽になるのに年収は増えるという状況になります。

 

ここまで出世すればあとは悠々自適な人生を送れるでしょう。
土日は休みで1日8時間労働。
残業なんてやらなくてよくて有給も取り放題。

 

ブラックと言われる飲食店は離職率も高いですがひとたび現場を抜け出せば甘い汁を吸うことが可能となるのです。

 

飲食業で高年収を手に入れる方法はこちらの記事をご覧ください。

 

 

出世が早いので人生経験を積める

飲食店の社員は出世が早いです。
20代で社員になって半年で店長なんてこともよくあります。
実際、飲食店長Kは飲食店で働き始めて半年で店長になっています。

 

人生経験を積むには出世するのが手っ取り早いです。
出世すると責任と作業量が増すため仕事が格段に難しくなります。
アルバイトなら5年かかる人生経験が、一般社員なら1年、店長なら3ヵ月で得られます。
若いうちにとにかく経験を積みたいという人は飲食店の社員を経験することで将来成功する糧となります。

 

 

 

平日休みは利点

飲食店の社員は土日が休めないことが多いです。
コンサートなど土日でしかやっていないイベントに参加できないのはデメリットですが、そうでない場合は平日に休めるのはメリットばかりです。
役所や銀行などに行くのは苦労しないし、レジャー施設も混まないため行列に並ぶこともありません。

 

 

 

40代未経験でも接客業なら転職できる

接客業に限られますが、飲食店の社員は40代未経験でも転職がしやすいです。
接客業といっても、飲食店以外にアパレルなどの販売やホテルなど様々な仕事があります。
基本的に飲食店で店長を務めたのなら転職で困ることは少ないでしょう。
店長なら40代でも引き抜きに合うほどの業界なので、飲食業界は一度入ってしまえば潰しが効きやすい職業と言えます。

 

詳しくは「【経験者】飲食店の正社員への転職は40代でOK|求人倍率7.58倍」の記事でまとめています。

 

 

飲食店への転職を検討している人にオススメの転職サイトがあります。

 

リクナビNEXTでは一般には公開されていない優良求人が多数あります。

 

飲食業はブラック企業が多いとはいえ、自ら飛び込む必要はありません。
ブラックな飲食店を避けたいのであれば、非公開求人から探すと良いでしょう。

 

 

 

1年未満ならアルバイト、1年以上なら正社員がお得

飲食店のバイト店員

 

飲食店では正社員よりアルバイトの方が稼げると言われることがあります。

 

完全な間違いではありませんが「視野が狭い」と言わざるを得ません。

 

短期的にはアルバイトの方が稼げる可能性があります。

 

しかし、1年以上働くのであれば正社員の方が稼げるのは明白です。

 

 

アルバイトのメリット

  • 責任が軽いので休みなども取りやすい
  • 時給換算なので出れば出るほど稼げる

 

アルバイトのデメリット

  • 昇給がほとんど無い
  • 転職時に不利
  • 店が潰れたら解雇される

 

正社員のメリット

  • チェーン店なら店が潰れても失業しない
  • 転職時に有利
  • 出世すればホワイトで高年収が可能
  • 福利厚生がしっかりしている

 

正社員のデメリット

  • 責任が重いため体力と精神力がいる

 

 

最初の半年はキツイのが正社員です。
ですが、1年を超えたら楽になり、10年も働けば本社勤務で悠々自適な人生が送れるでしょう。
アルバイトの場合は10年続けていても転職では不利ですし昇給もほとんどありません。
また、社会保険が付いていない場合もあるため歯医者なども簡単にはいけません。

 

ちなみに飲食店長Kの会社の正社員

  • 社会保険・年金・雇用保険完備
  • 毎月一定額が確定拠出年金への出資として企業から貰える
  • 毎年5000円の電子マネーに変換できるポイントがもらえる
  • 時給換算でもアルバイトの1.5倍

でした。

 

 

 

飲食店の正社員で失敗する人、成功する人の違い

失敗した飲食店社員

 

飲食店の正社員になる上で成功する人と失敗する人にはそれぞれ共通点があります。

 

飲食店正社員で失敗する人

  • とりあえず飲食店に就職しただけで将来は考えていない
  • 仕事をいい加減にやっている

 

飲食店正社員で成功する人

  • 最初の1年間は必死に仕事をやった
  • 独立開業を目指している
  • 出世して本社勤務を目指している

 

 

将来について何も考えず働くと、40代になったころに異業種へ転職したくなって失敗します。
飲食店の社員として成功したいのならいつまでも現場で働いていてはいけないのです。
将来は独立して開業するか、本社勤務で高年収を狙うといった目標が必要でしょう。

 

何のために飲食店の社員になるのか?

 

人生経験を積むため?

 

本社勤務で高年収を得るため?

 

独立開業して自分の店を持つため?

 

 

飲食業に転職する前に決めておくと失敗する確率は格段に下がるでしょう。

 

 

 

より良い転職をするにはあなたが目指す飲食店を探す作業も必要です。

 

まだ転職する段階じゃないからと何もしないでいるといざという時に動けなくなります

 

大手転職サイトのリクナビNEXTでは、一般に公開されていない非公開求人が多数あります。
優良な求人は倍率が高くなるため一般にはあまり公開されません。
転職するか悩んでいる段階で登録しておけば、今の会社で嫌なことがあっても「自分には転職という選択肢がある」と気持ちが楽になります。

 

今のうちに登録しておくことは、追い詰められたときほど役に立ちます。

 

 

 

飲食店の正社員になる方法は2つあるけどどっちが一番?

飲食店正社員になる2つの選択肢

 

飲食店の正社員になる方法は2つあります。

  • 社員として入社
  • アルバイトからの登用

 

手っ取り早く出世したい、人生経験を早く積みたいという人はいきなり社員として転職すると良いでしょう。

 

まだ将来を決めていないという人はアルバイトから始めて飲食店があなたに合うかを試すのも良いです。

 

ただし、あなたが30歳以上ならさっさと正社員になりましょう。アルバイトから時間をかけているのはもったいないです。

 

 

「30代の未経験でも飲食に転職できるのか?」

 

と不安を抱く人もいるかもしれませんが、特に問題はありません。

 

詳しくはガテン系しか経験がない30代未経験が飲食店に簡単に転職する方法をご覧いただければわかります。

 

 

いきなり正社員として働くとしてもブラック企業は極力避けたいですよね。

 

しかし、ハローワークなどは基本的にブラック企業ばかりです。

 

なぜなら、ハローワークは無料で求人募集ができるからです。

 

一方で、掲載にお金がかかる転職サイトや、一般には出回らない非公開求人というのは一定の資金力がある企業が多いです。
資金力があるので従業員にもお金を使えるため、ブラック企業になりにくいということですね。

 

大手転職サイトのリクナビNEXTでは非公開求人が8割を占めています。

 

ブラックな飲食店を避けるためにも非公開求人でまずは転職先を探してみてはどうでしょうか。

 

「まだ転職する気が無い」なんて言っている余裕はありません。

 

飲食店で出世するにしろ、独立して開業するにしろ、相応の年数が必要です。
転職が半年遅れれば将来稼げる期間も半年減るわけです。

 

今の年収での半年が、年収800万円になった時の半年にそのまま置き換わると考えれば、どれだけお金を無駄にしているかわかることでしょう。

 

ホワイトな環境の本社勤務で年収800万円は珍しい話ではありません。

 

まずは無料登録することで転職への一歩を踏み出しましょう。

 

 

>>リクナビNEXT無料登録はコチラ

 

 

 

 

シェアしてくれてありがとう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

ガテン系しか経験がない30代未経験が飲食店に簡単に転職する方法

作業服の男性 こんにちは。ガテン系から転職して飲食の店長になった飲食店長Kです。あなたは、「飲食店に転職したいけれど未経験の30代では無理なのでは……」なんて不安を抱いていませんか?特に、ガテン系と呼ばれる肉体労働職は底辺として扱われることが多く、未経験の30代では飲食店に転職なんてできないと諦めていませんか?ガ...

≫続きを読む

 

【飲食店長K】底辺ブラックな飲食店社員の知られざるメリットを暴露!

転職サイト選びをする男性 「飲食店の社員ってブラックでメリットは無いって聞くんだけど……」こんな不安を抱いて飲食店社員への転職をためらっていませんか?確かに飲食店の社員はブラックです。これ以上のブラック業界なんて滅多に無いでしょう。しかし、飲食店にはブラックを上回るメリットがあります。メリットを活かせば将来はホワイトな環境で...

≫続きを読む

 

【暴露】飲食店長Kが年収を公開|飲食業で高収入を得る5つの方法

年収低くて驚く男性 どうも。飲食店で店長を経験した飲食店長Kです。「飲食業の社員の年収ってどのくらいなの?」と疑問を抱く人は多いようです。他のサイトで調べてみても実際に店長を経験した人ではなく、年収データから調べていたり、人づてに聞いた情報ばかりが載っていました。ハッキリ言って経験していない人の話なんて参考になりません...

≫続きを読む

 

【経験者】飲食店の正社員への転職は40代でOK|求人倍率7.58倍

転職サイト閲覧する男性 こんにちは。飲食店で店長をしていた飲食店長Kです。あなたは、「飲食店で働いてみたいけれど未経験でも大丈夫なのか心配……」なんて不安を抱えて飲食店への転職をためらっていませんか?飲食店の社員を経験した知り合いなんていないし、ネットの情報はデータから読み解いたものばかりで現場の真実とはかけ離れています。...

≫続きを読む

 

【実践済み】店長になり隊バイトが最短最速で出世するためのノウハウ

店長 「早く店長になりたい!」という人はどうすればいいか知っていますか?ひたすら努力して認めてもらいますか?それでも出世は可能ですが遠回りでしかありません。私は多くのバイト仲間や先輩を追い抜いて、社員や店長へと出世しました。出世したいま思うのは、バイト目線での出世方法はほとんどが遠回りだったということです...

≫続きを読む

 

 
記事一覧 プロフィール 問い合わせ