【男性向け】飲食からアパレルへの転職は有利? 両者の違いを学べ!

【男性向け】飲食からアパレルへの転職は有利? 両者の違いを学べ!

 

 

アパレル店員

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

  • 女性ばかりの職場でモテたい
  • 本当はアパレルで働きたい
  • 最新のブランド服を着て仕事がしたい
  • お客さんをさばく感じの飲食店の接客では物足りない

 

唐突ですが、あなたは飲食店で働くことに満足していますか?

 

飲食店はアルバイトならともかく社員として働くには収入や体力面で将来が不安ですよね。
制服もよく汚れるし、服装に気を遣っている同僚もいません。

 

アパレルみたいな華やかな仕事をしたい。
そんな想いを抱くあなたに朗報です。

 

未経験でもアパレル業界の転職が有利になるかもしれないサイトがあります。

 

その名はリクルートエージェントです。

 

この記事では

  • 飲食からアパレルへの転職は不利? 有利?
  • 知らないと損をする飲食店とアパレルの違い
  • アパレルへの転職を有利に進めるための方法

をわかりやすくまとめています。

 

 

 

 

 

飲食店からアパレルへの転職が不利って本当?

不利を嘆く飲食店員

 

「異業種からアパレルの転職って不利じゃないの?」

 

とあなたは思うかもしれません。

 

資格や高度なスキルが必要な専門職であれば、飲食店からの転職は不利でしょう。

 

しかし、アパレル業界は飲食と同じ接客業です。

 

飲食の店長として数多くの人を見てきた経験から言うと、接客経験がある人と無い人では声のハリや態度が明らかに違います。
飲食店からアパレル業界への転職は接客経験があるという点でむしろ有利だと言えます。

 

アパレル未経験でも、飲食店で鍛えた接客スキルを活かせば有利な転職活動ができます。

 

 

 

飲食店の経験者はアパレルで歓迎される

 

飲食店からアパレルへの転職が有利な理由が2つあります。

 

  • 接客経験があるので挨拶や声出しなど教える手間が不要
  • 長時間の立ち仕事に慣れているのでだらけない

 

アパレルが未経験でも飲食店で鍛えた接客経験がありますので、接客業以外からの転職者に比べて優位に立てます。

 

 

ヤフー知恵袋の以下の質問でも飲食からアパレルに転職できるか不安な人がいました。

 

飲食業からアパレルに転職しようと思っていますが異業種からの転職って不利ですか??

 

アパレル業界の人いわく「飲食からの転職は良い」みたいです。

 

 

 

3年以上は働かないと転職は不利?

よく、3年以上働かないと転職の時は不利になると言われます。

 

10年前までは確かに不利でした。

 

しかし、現在では転職する人というのは爆発的に増えたため3年勤めないと不利とは言えません。

 

さすがに1年は勤めないと不利になるでしょうが、3年勤める必要はありません。
採用者の中には「1社に10年勤めた人より数社を経験した人の方がクセが無いので採用したい」という人もいる程です。

 

同じ会社に居続けるとその会社独自の常識に染まってしまって他社では使い物にならないことがあります。
短すぎるのは問題ですが勤務経験が長くても有利にはならないのです。

 

 

 

男性のアパレル転職は難しい?

アパレルと言えば女性のイメージが強いですが、男性もたくさん働いています。
メンズブランド店で働くのなら男性でも珍しくありません。
メンズブランド店であれば自分の好きなブランドの最新作を安く買えることもありますので、服装に気を遣いたい人に向いています。

 

 

女性からモテたいのであれば男性販売員が少ないレディースブランドでしょう。
レディースブランドだとしても男性に向いている転職先があります。
それは、店長候補です。
女性の社会進出が叫ばれて久しいですが、店長候補は男性を優先するという企業は未だに多いです。
しかも、女性のファッションのコーディネイトに詳しくなりますので気になる女性に服装のアドバイスをすれば一気に仲良くなれるでしょう。
女性よりもレディースファッションに詳しい男性なんて他の業種には滅多にいませんので、確実に好印象を得られるでしょう。

 

 

まとめ

飲食店からアパレルブランドへの転職は不利とは言い切れません。
ただし、アパレルブランドの求人は思ったほど多くは出ていません。
希望するブランドの求人を見つけるためには、独自の求人をたくさん抱えている転職サイトで探すのが良いでしょう。

 

オススメはリクルートエージェントです。

 

転職エージェントが無料で支援してくれるため、あなたの望んだブランドが求人を出しているかがすぐわかります
非公開求人を8割も取り扱っているため、普通の求人サイトでは見られないブランドも見つかることでしょう。

 

 

 

 

知らないと後悔する飲食とアパレルの仕事の違い

アパレルとの違いに驚く元飲食店員

 

 

飲食店とアパレル業界が同じ接客業と言っても違いはあります。
この違いを把握しないで

 

「どっちも同じ接客していれば大丈夫だろう」

 

と考えていたら転職してから痛い目を見ます。

 

飲食店は待ちの接客、アパレルは攻めの接客

飲食店は入店したお客様は待っていても勝手に注文してくれます。
アパレルでは入店したお客様を放置すれば帰ってしまうかもしれません。

 

極論を言えば、飲食店の接客とはやってくるお客様をさばくだけです。
積極的に売り込めば注文数を増やせるので、努力する意味はあります。
しかし飲食店では待っているだけでも売れてくれるので積極的に売ろうという意識はあまり育ちません。
積極的に商品を売りたいという人には飲食店は向いていないんです。

 

 

アパレルの場合、個人の販売ノルマが設定されていることが多いです。
放置していれば1件も売れないなんてことが普通にあるので、積極的に接客をしていきます。
売らなくてはいけないというのはアパレルの辛いところでもありますが、1人1人のお客様と親密なコミュニケーションをとれるため接客が好きという人に向いています
何より、自分で売ったという実感が得られるので充実した毎日を送れます。
自分が選んだ服を買ったお客様に「買ってよかった」と言われることほど嬉しいことはありません。

 

 

飲食は多忙で休めないが、アパレルは休みやすい

飲食店では24時間営業ということも珍しくありません。居酒屋などでは深夜に働くこともありますし、社員なら休みなしということもよくあります。

 

アパレルでは百貨店などの場合、10時〜20時くらいの営業時間ですので深夜に働くことはありませんし、生活リズムが狂って辛いという心配もありません。
休みなしで働くこともそうそう無いため、飲食店に比べて体力的に楽だと言われています。

 

社員となればアパレルでも忙しいでしょうが、飲食店の社員が1日15時間を休みなしで働くという事実に比べれば、だいぶ楽なのは確かでしょう。

 

 

アパレルの制服は最新ブランド服

お店にもよりますが、アパレルなら最新のブランド服が安く手に入れられたり、買った服を制服として着用しながら仕事ができます。
常に華やかな服装で働きたいという人に向いていますね。

 

一方で、個人の成績が重視される業界のため、販売成績が悪いと楽しくなくなります。

 

販売成績は個人というよりもお店に影響されます。
売れないお店だといくら頑張っても成績は伸びません。
逆に、売れているお店なら楽に販売数を伸ばせるので楽しく働けます。

 

アパレルに転職する際は、転職先が売れているお店なのかを実際に訪問して確かめてから決めましょう。

 

 

 

アパレルはノルマがきつくて未達成だと自腹を切ることに?

アパレルの販売にはノルマがあります。
ただし、達成できないと自分で買わされるということはありません。
基本的にノルマは達成困難な数値に設定されているので届かなくても大丈夫です。
逆にノルマを達成することで特別報酬がもらえることもあります。

 

個人店ではこの限りでは無いので、転職するなら百貨店などがオススメです。

 

 

まとめ

  • アパレルが向いている人……接客が好き、初対面でも話せる。アパレルが好き
  • アパレルが向いていないん人……接客が嫌い、お客様と仲良くなりたいと思わない

 

接客が嫌いな場合は工場勤務が向いています。工場については「未経験で工場で働くための記事」を参考にしてください。

 

飲食からアパレルへ転職を有利に進める方法

転職を有利に進められてガッツポーズ

 

飲食経験をアピールしすぎない

特に百貨店での面接では飲食店で接客を鍛えたので自信がありますといった発言はしない方が良いです。
百貨店のような場所だと、飲食店での接客は誰でもできると考えていることが多いので逆効果になりやすいです。
とはいえ、接客未経験者よりは断然有利でしょうから飲食での経験が無駄ということはありません。

 

 

前代未聞の裏口転職?

近年、アパレル業界が飲食業に進出する例が増えています。
もしあなたが既にアパレル企業の飲食部門にいるのなら転職するよりも同企業内、同グループ企業内でのアパレル部門に異動したほうが効果的かもしれません。

 

あるいは、アパレル部門への転職の難易度が高すぎる時に同社の飲食店に転職することでアパレルへ異動するチャンスが生まれる可能性もあります。
そういった場合、前例があるかどうかで異動が可能かどうかが決まりますので、事前に調べておくと良いでしょう。

 

そういった裏事情を調べるのは個人では難しいです。

 

転職エージェントであれば知っている可能性がありますので、大手のリクルートエージェントのようなサイトを利用して調べてもらうのが良いでしょう。

 

 

 

飲食からアパレルへ転職するならこの転職サイト

転職サイト選び

 

飲食からアパレルへ転職するならリクルートエージェント
がオススメです。

 

異業種への転職ですので、何かとわからないことが多いでしょう。
転職エージェントは無料であなたの支援をしてくれる転職支援のプロです。

 

彼らにしかわからない情報や転職ノウハウがあるため、それらを活用してもらうことでアパレル業界に有利に転職できるチャンスが増えます。

 

リクルートエージェントには独自の求人情報もたくさんあるため、一般の求人では見つからない好条件のものもあります。

 

絶対に自分で見つけるんだという人以外は、基本的に転職エージェントに任せるのが賢明でしょう。

 

 

>>リクルートエージェントに登録

 

 

 

 

シェアしてくれてありがとう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

飲食業界は安泰! 社員の将来性は真っ暗! 飲食店長Kが語る真実

将来性が無いと気づく店長 どうも、飲食業での店長経験がある飲食店長Kです。飲食業の店長をしていると、自分の将来性に不安を抱きますよね。私は20代の頃はプライベートを犠牲にして会社に尽くしていましたが、30代前半の頃に「この会社にこれ以上いたら人生詰むのでは?」と感じて転職を決意しました。結論から言えば、飲食業界の社員に将来性...

≫続きを読む

 

田舎に転勤したくないので退職した話|転勤の無い転職先を探す方法

引っ越し中 あなたは、「転勤したくないけど断ったら退職させられるの?」と不安を抱いていませんか?こんにちは。田舎に転勤したくないという理由などで退職した飲食店長Kです。サラリーマンにとって転勤はいつ命じられてもおかしくありません。ですが、知らない土地で生活するのは不安ですよね。転勤を断れば退職しなくてはならない...

≫続きを読む

 

転職を親に言わなかったら後悔するけどそれでも私が相談しない理由

親に転職を相談できず後悔 今の仕事を辞めると決めた時、「仕事を辞めることを親に言うべきだろうか」と悩みませんか?飲食店長Kは退職すると決めてから何度か悩みました。「内緒にして転職活動をしても大丈夫だろうか?」「リスクが高い転職なので反対されたらどうしよう」と考える人のためにこの記事では以下のことをまとめました。転職することを...

≫続きを読む

 

【経験者】飲食の雇われ店長を辞めたい|転職失敗しないための対策

激務に我慢できない店長 あなたは繁忙期であるゴールデンウィークに実働15時間で3週間休みなしでワンオペまでこなしたことはありますか?私はあります。激務である飲食業界の中では、この程度の勤務で済む飲食店は恵まれているほうでしょう。店長であれば大量の事務作業やスタッフの教育なども加わり、激務という言葉で片付けたくないくらいの状...

≫続きを読む

 

飲食店の雇われ店長による転職で辞める最適タイミングと切り出し方

転職サイト 飲食店の雇われ店長といえば店舗の責任者ですから、引継ぎすることを考えるとすぐに辞めるわけにはいきません。しかし、近いうちには退職しようと決めている。そんな場合、辞めるタイミングをいつにするか、何カ月前に退職を伝えるかで悩みますよね。退職を伝えるタイミングは辞める何カ月前が良いのか?上司にはいつ退職を...

≫続きを読む

 

貯金ゼロの30代飲食店長でも会社をすぐ辞める事ができたのでまとめた

非常口 「飲食店の店長なんて今すぐ辞めたいけど貯金が無い……」こんな悩みをあなたは抱えていませんか?飲食店の雇われ店長は長時間労働の割に年収が低いため貯金がすぐには貯まりません。上司やアルバイトとの人間関係でも悩みやすく「もう辞めたい」なんて思うことは一度や二度では無いでしょう。30代の飲食店長では貯金が無...

≫続きを読む

 

ブラック飲食店の店長が3週間前の告知で円満退社できたので辞め方を書く

転職サイト 「ブラック飲食店で円満退社とか無理じゃね?」と思っていませんか?私こと飲食店長Kは、週休0日や1日15時間労働があるブラック飲食店に勤めていました。有給休暇なんて取れる雰囲気ではなく、転勤時の日数穴埋めくらいでしか取得できませんでした。繁忙期だったため上司に退職を伝えるのが最終出勤日の3週間前という...

≫続きを読む

 

次の仕事が決まらないのに「転職します」と言って辞めた飲食店長の体験談

転職サイト 「次の仕事が決まっていないのに今すぐ退職したい!」飲食店で働いていたらこんな気持ちになることがあります。次の仕事が決まっていなくて苦労するかもしれないがそれでも今すぐに辞めたい。そんなあなたのため転職先を決めずに辞めるメリットやデメリットをまとめました。仕事を決めずに退職した飲食店長Kによる体験を踏...

≫続きを読む

 

【有給】飲食店長の退職時に損しないための防衛策|40万円の損失回避

給料 退職時に会社の言いなりになっていると損をすることがあります。損をしないためには退職時には適切な対処をしなくてはなりません。円満退職したい人だと強く言えないこともあるでしょう。しかし、自己防衛をしないと40万円以上の損失になることもあります。この記事では退職時に40万円の損失を回避する方法退職時にやら...

≫続きを読む

 

【男性向け】飲食からアパレルへの転職は有利? 両者の違いを学べ!

アパレル店員 女性ばかりの職場でモテたい本当はアパレルで働きたい最新のブランド服を着て仕事がしたいお客さんをさばく感じの飲食店の接客では物足りない唐突ですが、あなたは飲食店で働くことに満足していますか?飲食店はアルバイトならともかく社員として働くには収入や体力面で将来が不安ですよね。制服もよく汚れるし、服装に気を...

≫続きを読む

 

30代で飲食店長から営業職に未経験で転職したら年収が増えてヤバイ

札束 「30代の飲食店長から未経験で営業に転職したい」こんな考えを持つ人は多いようです。飲食店長は激務・長時間労働・休みなしが多いですが、営業職はどうなのでしょうか?年収を増やしたい人や、やりがいを求めるなら営業職が向いています。ただ、激務と言われるの覚悟が必要です。といっても飲食店長ほど激務で休みが無い...

≫続きを読む

 

未経験で工場勤務に向いてるのはどんな人|接客嫌いの飲食店長に最適!

工場勤務 「飲食店の店長なんだけど接客が苦手なので転職したい」そう思っているのはあなただけではありません。飲食業界は将来性も暗いのでもっと楽で接客が無い業界に転職したいですよね。接客嫌いの店長にピッタリなのが工場勤務です。しかし、30代で未経験でも工場で働けるのか気になりますよね。この記事では接客に疲れた飲食...

≫続きを読む

 

【騙されるな】30代飲食店長が投資とネット副業を2年間継続して痛感した現実

田んぼにお札 「仕事が忙しすぎて時間が無いけど副業がしたい」という30代の飲食店長は多いでしょう。飲食店を本業としていても将来的に給料が上がる見込みが薄く、体力的には40代で現場仕事に耐えられなくなります。休日が不規則な上に急な呼び出しもある飲食店長が副業をするのは困難です。しかし、家でもできる副業なら可能です。...

≫続きを読む

 

正社員に転職したけど半年で退職したい|辞めるべき? 続けるべき?

OKかNGか 「転職して半年で退職したいんだけど大丈夫?」と心配な30代に向けてこの記事を書きました。やっと見つけた転職先なのに、人間関係が悪かったり、仕事がきつくて辞めたいなんてことになっていませんか?辞めてもいいですが、決断する前に考えることがあります。あなたが幸せな人生を歩むために、1文字も見逃さないで読む...

≫続きを読む

 

貯金ゼロで退職したら本当に後悔するのか飲食店長Kが検証してみた

退職を検証 「退職したら後悔するよ!」と世間一般では言われています。退職した経験が無いのにその言葉をそのまま他人に伝える人さえいます。でも、今の仕事はつらい。とにかくつらい。辞めたいけれど退職するのも不安。そんな悩みを抱える人のために、実際に退職した飲食店長Kが何を思ったかをまとめました。私はまったく後悔してい...

≫続きを読む

 

 
記事一覧 プロフィール 問い合わせ